AWS Storage Gateway

実質的に無制限なクラウドストレージへの、オンプレミスでのアクセス

AWS Storage Gateway は、オンプレミスから実質無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供するハイブリッドクラウドストレージサービスです。お客様は Storage Gateway を使用して、ストレージ管理を簡素化し、主要なハイブリットクラウドストレージのユースケースでコストを削減できます。これには、バックアップをクラウドに移動すること、クラウドストレージを利用したオンプレミスのファイル共有を使用すること、およびオンプレミスアプリケーションに AWS のデータへの低レイテンシーアクセスを提供することが含まれます。

こうしたユースケースをサポートするため、Storage Gateway では、ファイルゲートウェイテープゲートウェイボリュームゲートウェイの 3 つのゲートウェイタイプが提供されます。これらのゲートウェイでは、データのローカルキャッシュによる低レイテンシーアクセスが可能になるため、オンプレミスアプリケーションからクラウドストレージへのシームレスな接続が実現します。お使いのアプリケーションは、NFS、SMB、iSCSI などの標準ストレージプロトコルを使用して、仮想マシンまたはゲートウェイハードウェアアプライアンス経由でサービスに接続されます。ゲートウェイは Amazon S3、Amazon S3 Glacier、Amazon S3 Glacier Deep Archive、Amazon EBS、AWS Backup といった AWS のストレージサービスに接続され、ファイル、ボリューム、スナップショット、仮想テープを保存する AWS のストレージを提供します。このサービスでは、帯域幅の管理とネットワークの自動復元を含む、高度に最適化された効率的なデータ転送メカニズムを利用できます。

はじめての AWS Storage Gateway (2:36)

利点

シンプル

AWS Storage Gateway の使用を開始するのは簡単です。AWS からゲートウェイ仮想マシンソフトウェアをダウンロードするか、専用ハードウェアアプライアンスをデプロイし、ゲートウェイに IP アドレスを割り当て、ゲートウェイをアクティブ化して AWS アカウントに関連付けます。AWS コンソールからゲートウェイを管理および更新します。 Storage Gateway は、アプリケーションの変更を必要とせず、オンプレミスの標準ストレージプロトコルと簡単に統合できます。

クラウド統合

ハイブリッドクラウドストレージでは、オンプレミスでデータにアクセスできます。データは Amazon S3、Amazon S3 Glacier、Amazon S3 Glacier Deep Archive、Amazon EBS などの AWS のクラウドストレージサービスに永続的に保存されます。データが AWS に移動されると、AWS コンピューティング、機械学習、およびビッグデータ分析の各サービスを使用して、データからより多くの洞察を得ることができます。また、AWS Key Managament Service (KMS)、AWS Identity and Access Management (IAM)、SNS ワークフロー、Amazon CloudWatch、および AWS CloudTrail といった AWS のセキュリティおよび管理サービスのポートフォリオをすべて、活用することができます。

低レイテンシー

AWS Storage Gateway は、ローカル VM またはゲートウェイハードウェアアプライアンスにデータをキャッシュし、AWS クラウドストレージに最適化されたデータ転送後の最もアクティブなデータに対して低レイテンシーのディスクおよびネットワークパフォーマンスを提供します。オンプレミスアプリケーションは、クラウド内のデータを簡単かつシームレスに処理できます。AWS クラウドのメリットを享受しつつ、ユーザーとアプリケーションは引き続きローカルストレージモデルを使用して操作/動作します。

高耐久性と安全性

AWS Storage Gateway を使用して保存されるデータでは、AWS クラウドストレージサービスに組み込まれた耐久性と安全という利点を活用できます。バージョニング、クロスリージョンレプリケーション (CRR)、およびライフサイクル管理ポリシーといったストレージ管理ツールにより、長期アーカイブのコストが下がり、監査およびコンプライアンス要件が簡素化され、オンプレミスで保存しているデータのみでなく、ユーザーのデータすべてが保護されます。VMware 上の Storage Gateway の高可用性は、メディアドライブ、ストリーミングログリポジトリ、科学機器用のストレージなど、中断されてはならず、かつ、レイテンシーの影響を受けやすいワークロードの運用ニーズを満たします。Storage Gateway が AWS に転送するデータはすべて、転送時、および AWS への保管時に暗号化されます。

最適化された転送

圧縮、暗号化、および帯域幅の管理が組み込まれています。Storage Gateway では、希望するパフォーマンスパラメータに基づいてローカルキャッシュのクラウドへのオフロードが管理されるため、ワークロードのレイテンシーとスケールのバランスを微調整できます。変更したデータのみが転送されるため、ネットワーク帯域幅を最適化できます。

スケーラブル

迅速にデプロイでき、クラウドストレージがオンデマンドで提供および請求されるため、お客様は、ビジネスニーズの変動に応じて AWS クラウドが持つ無限の規模の恩恵を受けることができます。ワークロードは拡張可能で、ストレージの契約、バックアップ、およびアーカイブは前払いのコストなしで拡張できます。また、新しいハードウェアなしで、追加のストレージ容量をプロビジョニングできます。 Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションをサポートしつつ、クラウドへの簡単なオンランプを提供するため、ハイブリッドクラウドストレージを求めるお客様に両方の長所を提供します。

AWS Storage Gateway を使用した数分でのクラウドストレージ

AWS Storage Gateway を使えば、高速で簡単な方法でクラウドを開始できます。この動画では、いかに迅速かつ簡単に開始できるかをお見せします。わずか数分で、AWS Storage Gateway を使用してクラウドで立ち上げて稼働することができます。

AWS Storage Gateway を使用した数分でのクラウドストレージ (6:38)

仕組み

AWS-Storage-Gateway-How-it-Works-Diagram

ユースケース

バックアップをクラウドに移動する

Storage Gateway を使用すると、バックアップをクラウドに安全かつ簡単に保存できます。これには、データベースバックアップ、ファイル共有バックアップ、テープアーカイブなどが含まれます。テープゲートウェイは仮想テープライブラリを提供し、各仮想テープは Amazon S3 に保存され、すべての主要なバックアップアプリケーションをサポートします。テープゲートウェイは、既存の物理テープインフラストラクチャへのシームレスなドロップイン交換になるように設計されています。仮想テープに含まれるデータに即時のアクセスまたは頻繁なアクセスをする必要がなくなった場合は、バックアップアプリケーションでアーカイブできます。データは仮想テープライブラリから Amazon S3 Glacier または Amazon S3 Glacier Deep Archive に送られ、ストレージコストがさらに削減されます。ファイルゲートウェイを使用すると、シームレスな方法でクラウドに接続でき、アプリケーションのデータファイルやバックアップデータを耐久性の高いオブジェクトとして Amazon S3 クラウドストレージに保存できます。

テープゲートウェイの詳細はこちら »

ファイルゲートウェイの詳細はこちら »

クラウドストレージを利用したオンプレミスのファイル共有を使用する

ファイルゲートウェイは、オンプレミスから事実上無制限のクラウドを利用したバックアップファイル共有へのアクセスをサポートし、データをローカルに保存するコストを削減し、クラウド内のデータへのアクセスを許可することにより、さらなる柔軟性を提供します。 業界に関係なくほとんどすべての企業で、バックアップ、メディアコンテンツ、特殊な専用アプリケーションのデータセットなどのファイルの保存が必要です。オンプレミスインフラストラクチャを管理およびスケールし、そのようなバックアップファイルやコンテンツファイル向けのオンラインストレージを提供して配信することは、多くの場合コストのかかる面倒な作業で、高額なハードウェアの更新、拡張や、ソフトウェアライセンスが必要です。 ファイルゲートウェイは、これらのオンプレミスのコストと物理的なハードウェアフットプリントを削減するのに役立ち、ビジネスに最適な意思決定を行うための自由度を高めます。 

ファイルゲートウェイの詳細はこちら »

オンプレミスアプリケーションからクラウドへの低レイテンシーアクセス

Storage Gateway は、標準のストレージプロトコルを介した低レイテンシーのデータアクセスを提供することで、オンプレミスアプリケーションがクラウドストレージを使用できるようにします。ローカルキャッシュは、最近使用したデータをオンプレミスに保存し、クラウドは、業界最高レベルのデータ保護、耐久性、可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスに加えて、スケーラビリティも提供します。Storage Gateway は、クラウドへのシンプルな最初の一歩を提供し、デプロイ、アクティブ化、およびアプリケーションのアクセスが容易になるように設計されています。

ファイルゲートウェイの詳細はこちら »

データ保護と災害復旧

ボリュームゲートウェイ設定では、ローカルボリュームのスナップショットを取得し、そのスナップショットを Amazon EBS に保存することができます。このようなスナップショットから新たに Amazon EBS ボリュームを作成し、それを Amazon EC2 インスタンスにアタッチできます。ローカルサイトに災害が発生した場合、クラウド内または異なるデータセンター内のアプリケーションを設定し、スナップショットを復元するだけで、バックアップを取得し、実行を継続できます。

ボリュームゲートウェイの詳細はこちら »

お客様導入事例

Transferwise_Logo_@1x
AWS Storage Gateway は、TransferWise が、バックアップの完了を妨げていた負荷とネットワークの制約に対処するのをサポートしました。
Ryanair
物理テープの信頼性が低かったことから、ライアンエアーは、テープゲートウェイに移行し、AWS に切り替えることで 65% のコスト削減を実現しました。
finra-storage-gateway-logo
FINRA (金融取引業規制機構) は、AWS Storage Gateway を使用して、コストを大幅に削減し、ストレージ管理を簡素化しています。

Storage Gateway ブログ

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログをご参照ください。

Storage Gateway の最新情報

日付
  • 日付

始める準備はできましたか?

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Storage Gateway の機能を確認する

クラウド導入がどのような段階にあっても、ハイブリッドクラウドワークロードを簡単に実行できるようにする機能の詳細をご覧ください。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。

 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Storage Gateway を使用して構築を開始します。   
 

今すぐ始める 

AWS Storage Gateway の詳細

特徴ページをご覧ください
構築を始めましょう。
AWS Storage Gateway の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ