AWS Storage Gateway のご紹介

AWS Storage Gateway は、オンプレミスから実質無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供するハイブリッドクラウドストレージサービスです。お客様は Storage Gateway を使用して、ストレージ管理を簡素化し、主要なハイブリットクラウドストレージのユースケースでコストを削減できます。 これには、バックアップをクラウドに移動すること、クラウドストレージを利用したオンプレミスのファイル共有を使用すること、およびオンプレミスアプリケーションに AWS のデータへの低レイテンシーアクセスを提供することが含まれます。

こうしたユースケースをサポートするため、このサービスでは、テープゲートウェイ、ファイルゲートウェイ、ボリュームゲートウェイの 3 つのゲートウェイタイプが提供されます。これらのゲートウェイでは、データのローカルキャッシュによる低レイテンシーアクセスが可能になるため、オンプレミスアプリケーションからクラウドストレージへのシームレスな接続が実現します。

主な特徴

Storage Gateway は迅速かつ簡単にデプロイでき、既存の環境と統合して、手間をかけることなく AWS ストレージにアクセスできます。 または、このサービスでは、オンプレミスゲートウェイと AWS のサービスの両方に対して AWS コンソールを使用した一貫性のある管理環境を提供しています。こうした AWS のサービスには、モニタリング、管理、セキュリティ向けに用意された Amazon CloudWatchAWS CloudTrailAWS Identity and Access Management (IAM)AWS Key Management Service (KMS) などが含まれます。 Storage Gateway は、オンプレミスストレージ環境の管理に関連するコスト、メンテナンス、およびスケーリングに関する課題の解決に役立てることができます。

標準ストレージプロトコル: Storage Gateway は、NFS、SMB、iSCSI、iSCSI-VTL を使用して、ローカルの本番アプリケーションやバックアップアプリケーションとシームレスに接続します。このため、アプリケーションに修正を加えることなく、AWS クラウドストレージを導入できます。プロトコル変換とデバイスエミュレーションにより、Amazon S3 上の Storage Gateway で管理されるボリュームのブロックデータにアクセスしたり、ファイルをネイティブの Amazon S3 オブジェクトとして保存したりできます。また、S3 に保存されている仮想テープライブラリ内で仮想テープバックアップをオンラインで保管したり、このバックアップを Amazon S3 Glacier および Amazon S3 Glacier Deep Archive のテープアーカイブ層に移行することもできます。

フルマネージドキャッシュ: このローカルのゲートウェイアプライアンスでは、最近読み書きされたデータのキャッシュを保持します。このため、アプリケーションから、AWS に永続的に保管されたデータへの低レイテンシーのアクセスが可能になります。ゲートウェイは、リードスルーとライトバックのキャッシュを使用して、ローカルでデータをコミットし、書き込み操作を確認してから、AWS にデータを非同期にコピーすることで、アプリケーションのレイテンシーを低減します。

最適化されたセキュアなデータ転送: Storage Gateway では、SSL を使用してあらゆるゲートウェイアプライアンスと AWS 間の転送データを暗号化することで、変更したデータのセキュアなアップロードと、リクエストしたデータのセキュアなダウンロードが可能です。Storage Gateway は、エンタープライズネットワークの Storage Gateway から AWS にあるデータまで、お客様のデータのエンドツーエンドの保護を提供します。このサービスは、セキュリティ機能およびアクセス制御をサポートし、マルチパート管理、自動バッファリング、すべてのゲートウェイタイプで使用されるデルタ転送、すべてのブロックおよび仮想テープデータに適用されるデータ圧縮など、Storage Gateway Optimizations を介して AWS クラウドストレージを使用する際のエンタープライズのお客様の実際の、および認識されているセキュリティ問題に対処するコンプライアンスと認証を提供します。Storage Gateway は、連邦情報処理規格 140-2 (FIPS) 準拠のエンドポイントを AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (米国西部) で提供します。

AWS 統合: Storage Gatewayにより、お客様は AWS のサービスを簡単に利用できます。Storage Gateway はネイティブの AWS のサービスとして、オンプレミス環境と統合しながら、ストレージ、バックアップ、および管理のための他の AWS のサービスと統合します。このサービスでは、ファイルをネイティブの Amazon S3 オブジェクトとして保存したり、仮想テープを Amazon S3 Glacier および Amazon S3 Glacier Deep Archive にアーカイブしたりできます。また、ボリュームゲートウェイで生成された EBS スナップショットAmazon EBS で保存することもできます。また、Storage Gateway は AWS Backup との統合により、バックアップの管理やボリュームゲートウェイのボリューム復旧を行えるため、バックアップ管理を簡素化し、ビジネスおよび規制関連のバックアップに関するコンプライアンス要件を満たすことができます。Storage Gateway は正常性とパフォーマンスのログやメトリクスを Amazon CloudWatch に発行し、Storage Gateway コンソールでメトリクスとアラームのモニタリングを提供します。 Storage Gateway は AWS IAM と統合して、Storage Gateway リソースへのアクセスを管理および保護します。データはデフォルトで S3-SSE を使用して保存時に暗号化されます。または、Storage Gateway と AWS KMS の統合を通じて独自の暗号化キーを使用することもできます。

VMware での高可用性: Storage Gateway は、VMware vSphere High Availability (VMware HA) と統合された一連のヘルスチェックを通じて VMware の高可用性を提供します。この統合により、オンプレミスの VMware 環境または VMware Cloud on AWS にデプロイされた Storage Gateway は、60 秒以内にほとんどのサービスが中断から自動的に回復します。これにより、ハードウェア、ハイパーバイザー、ネットワークの障害、ストレージエラー、ソフトウェアエラー (接続タイムアウト、ファイル共有、ボリュームの使用不可など) からストレージワークロードを保護します。 

ゲートウェイのタイプ

ファイルゲートウェイ

ファイルゲートウェイのファイルインターフェイスでは、業界標準の NFS および SMB ファイルプロトコルを使用して Amazon S3 にオブジェクトとしてファイルを保存できます。保存したファイルには、NFS および SMB を介してデータセンターや Amazon EC2 からアクセスするか、Amazon S3 でオブジェクトとして直接アクセスすることができます。POSIX 形式のメタデータ (所有権、アクセス許可、タイムスタンプを含む) は、Amazon S3 内のファイルに関連付けられたオブジェクトのユーザーメタデータに永続的に保管されます。S3 に転送されたオブジェクトは、ネイティブの S3 オブジェクトとして管理できるようになり、ライフサイクル管理、クロスリージョンレプリケーション (CRR) などのバケットポリシーは、バケットに保存されたオブジェクトに直接適用されます。 ファイルゲートウェイは、SMB ファイル共有ユーザー操作の監査ログも CloudWatch に発行します。

お客様は、最近アクセスしたデータへの高速ローカルアクセスを維持しながら、オンプレミスのファイルデータを Amazon S3 に移行する、ライフサイクル管理、バージョニング、クロスリージョンレプリケーション (CRR) のような S3 機能を使用し、オンプレミスのファイルデータオブジェクトを Amazon S3 (Microsoft SQL Server および Oracle のデータベースやログを含む) にバックアップする、機械学習またはビッグデータ分析のような AWS のサービスの処理用にオンプレミスアプリケーションが収集したデータを使用したハイブリッドクラウドワークフローのために使用する、などの態様で、ファイルゲートウェイを使用しています。

詳細はこちら »

テープゲートウェイ

テープゲートウェイでは、ストレージ業界標準の iSCSI プロトコルを使用して、仮想テープドライブと仮想メディアチェンジャーで構成される仮想テープライブラリ (VTL) をバックアップアプリケーションに提供します。 ほぼ無制限の仮想テープの集合体に書き込んでいる間も、既存のバックアップアプリケーションとワークフローを継続して使用できます。それぞれの仮想テープは Amazon S3 に保管されます。仮想テープのデータに即時または頻繁にアクセスする必要がなくなった場合は、バックアップアプリケーションで仮想テープを Storage Gateway の仮想テープライブラリから Amazon S3 Glacier または Amazon S3 Glacier Deep Archive クラウドストレージのアーカイブ層に移動することで、ストレージコストをさらに削減できます。 テープゲートウェイでは、仮想テープをサービスによって管理される S3 バケットに保存し、新しい仮想テープを自動的に作成します。そのため、管理が簡素化され、ストレージのためのクラウド移行は簡単になります。

テープゲートウェイは、主要なバックアップアプリケーションと互換性があります。テープゲートウェイの VTL インターフェイスにより、物理的なテープインフラストラクチャの多額の資本の前払いでの支出、複数年のメンテナンス契約義務、および継続的なメディアコストが不要になります。使用する容量に対してのみ支払います。また、ニーズに合わせてスケーリングできます。メディアをオフサイトの施設に保管し、テープメディアをある世代から次の世代に手動で移行する必要はなくなり、アーカイブは AWS クラウドプラットフォームの耐久性、可用性、セキュリティのメリットを享受します。 テープゲートウェイを使用すると、仮想テープはオンラインで保存されて利用できるようになるため、データへのアクセスと復元がいつでも可能になります。

詳細はこちら »

ボリュームゲートウェイ

ボリュームゲートウェイでは、iSCSI プロトコルを使用しているブロックストレージボリュームをアプリケーションに提供します。このボリュームに書き込まれたデータは、ボリュームのポイントインタイムスナップショットとして非同期的にバックアップして、クラウド内に Amazon EBS スナップショットとして保存できます。オンプレミスのボリュームゲートウェイのボリュームをバックアップするには、サービスのネイティブスナップショットスケジューラを使用することも、AWS Backup サービスを使用することもできます。いずれの場合も、ボリュームバックアップは Amazon EBS スナップショットとして AWS に保存されます。これらのスナップショットは、変更されたブロックのみをキャプチャする増分バックアップです。すべてのスナップショットストレージも圧縮され、ストレージ料金も最低限に抑えられます。

多くの場合、ローカルアプリケーションをバックアップし、EBS スナップショットやキャッシュ型ボリュームのクローンに基づいた災害対策にそのバックアップを使用するために、ボリュームゲートウェイが活用されています。ボリュームゲートウェイと AWS Backup の統合により、お客様は AWS Backup サービスを利用することで、Storage Gateway のボリュームを使用するオンプレミスのアプリケーションを保護できます。AWS Backup では、キャッシュ型ボリュームと保存型ボリューム両方のバックアップと復元をサポートしています。AWS Backup とボリュームゲートウェイを併用すれば、バックアップ管理を一元化して運用上の負担を軽減し、コンプライアンス要件を満たすことができます。 

Storage Gateway のデプロイオプション

ハイブリッドクラウドサービスとして、AWS Storage Gateway はフルマネージドであり、クラウド内およびオンプレミスのコンポーネントで構成され、オンプレミスのインフラストラクチャのニーズに基づいて、仮想マシン (VMware ESXi で実行可能)、Microsoft Hyper-V、もしくは Linux KVM としてオンプレミスで、オンプレミスのハードウェアアプライアンスとして、VMware Cloud on AWS の VM として、または Amazon EC2 の AMI としてなど、いくつかの方法でデプロイできます。

Storage Gateway は、パブリック、Amazon VPC、および FIPS サービスエンドポイントを提供し、ネットワークとセキュリティのニーズに最適なフレームワークでゲートウェイをデプロイして Storage Gateway に接続するオプションを提供します。パブリックインターネットまたは AWS Direct Connect を使用して、ゲートウェイをサービスに接続できます。

AWS Storage Gateway 料金の詳細

料金ページを見る
構築を始めましょう。
AWS Storage Gateway の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ