中級コース
クラスルーム
バーチャル
3 日間

AWS でのサーバーレスソリューションの開発

最新のサーバーレスアプリケーションを構築、保護、デプロイ、および管理する方法について学習します

サーバーレスアイコン

このコースでは、デベロッパーが AWS Lambda や AWS サーバーレスプラットフォームの他のサービスを利用してサーバーレスアプリケーションを構築するためのベストプラクティスを紹介し、実践します。AWS フレームワークを利用して、ハンズオンラボでサーバーレスアプリケーションをデプロイし、より単純なトピックからより複雑なトピックに進みます。コースを通じて AWS ドキュメントを使用して、クラスルームを超えて学習し、問題を解決するための本格的な方法を身につけます。

学習目標

  • 適切な AWS のサービスを利用して、イベント駆動型のベストプラクティスをサーバーレスアプリケーションの設計に適用する
  • サーバーレス開発への移行の課題とトレードオフを見極め、開発組織と環境に適した推奨事項を作成する
  • AWS マネージドサービスを互いに接続するパターンを利用してサーバーレスアプリケーションを構築し、サービスクォータ、利用可能な統合、呼び出しモデル、エラー処理、イベントソースペイロードなどのサービス特性を検討する
  • AWS CloudFormation、AWS Amplify、AWS サーバーレスアプリケーションモデル (AWS SAM)、AWS クラウド開発キット (AWS CDK) など、インフラストラクチャをコードとして記述するために利用できるオプションを比較対照する
  • その他

本コースの受講対象

サーバーレスアーキテクチャに関する知識をある程度持っており、AWS クラウドでの開発の経験があるデベロッパー。

受講に必要となる経験

コースの概要

レベル: 中級
種類: クラスルーム (仮想および対面)
長さ: 3 日間

対象言語

このコースは以下の言語で受講していただけます: 英語。
 
お客様の声や AWS のサービスのアップデートをもとに、定期的にコースを更新しています。そのため、これらのアップデートをローカライズする際に、コースの内容が言語によって異なる場合があります。

詳細情報をご希望ですか?

本コースの詳しい内容については、コースの概要をダウンロードしてください。

チームのプライベートトレーニングをお探しですか?

AWS が提供するプライベートトレーニングを使用すると、お客様のチームは、特定のユースケースに合わせて実用的なベストプラクティスを一緒に学習できます。