「Architecting on AWS」コースの応用編である「Advanced Architecting on AWS」コースは、すでに AWS プラットフォーム上でスケーラブルで伸縮自在なアプリケーションを設計する経験をお持ちの方を対象としています。「Architecting on AWS」コースでご紹介した内容を踏まえて、AWS 上でデータサービス、ガバナンス、セキュリティを組み込んだ複雑なソリューションを作成する方法について取り上げます。AWS Direct Connect、AWS Storage Gateway など、ハイブリッドアーキテクチャのサポートに特化した AWS サービスを紹介します。また、AWS 上でスケーラブルで伸縮自在な、セキュリティと可用性に優れたアプリケーションを作成するための設計のベストプラクティスについても取り上げます。

 

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • 組織内の複数の AWS アカウントを管理する
  • オンプレミスのデータセンターを AWS クラウドに接続する
  • マルチリージョンの VPC の接続に関係する請求について話し合う
  • オンプレミスのデータセンターから AWS に大容量のデータを移行する
  • AWS クラウド用の大規模なデータストアを設計する
  • 大規模なウェブサイトをスケーリングするためのさまざまなアーキテクチャ設計を理解する
  • DDoS 攻撃からインフラストラクチャを守る
  • 暗号化によって AWS 上のデータのセキュリティを確保する
  • 保管時のデータと移行中のデータの保護を設計する
  • 性能測定時の注意事項を踏まえた性能検証ができる

このコースは次のような方を対象としています。

  • AWS 経験 1〜2 年の方
Advanced Arch Thumbnail

今すぐ申し込む
AWS提供スケジュール

このコースを受講するにあたって以下の内容を事前に学習していただくことを推奨します。

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • グループ演習
  • 3 日間(9:30 - 17:30)

注: コースの概要は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

第 1 日

  • AWS による優れた設計のフレームワーク
  • AWS アカウント戦略
  • 高度なネットワークアーキテクチャ
  • AWS での大規模なデータストアの設計

第 2 日

  • ウェブスケールアプリケーション
  • 耐障害性の構築
  • 包括的なクラウドのセキュリティ

第 3 日

  • AWS でのデータセキュリティと暗号化
  • パフォーマンスを考慮した設計
  • デプロイ&マネジメント

第 1 日

  • 「Architecting on AWS」の復習
  • AWS アカウントの戦略
  • 高度なネットワークアーキテクチャ
  • AWS でのデプロイ戦略

第 2 日

  • データ
    • AWS で大規模なデータストアを設計する
    • 大規模なデータストアを AWS に移行する
    • AWS におけるビッグデータアーキテクチャ
  • 大規模なアプリケーション向けに設計する

第 3 日

  • 耐障害性のあるアーキテクチャを構築する
  • データの暗号化とセキュリティ
  • パフォーマンスを考慮して設計する

210,000 円(税別)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら