AWS SDK を使用して、安全でスケーラブルなクラウドのアプリケーションを開発する方法について学習します。コードを使用した AWS の操作方法についての主な概念、ベストプラクティス、トラブルシューティングに関する深い知識が得られます。

このコースでは、AWS SDK を使用して安全でスケーラブルなクラウドアプリケーションを開発する方法について学習します。AWS を操作するコードを書く方法について詳しく説明します。また主要な概念、ベストプラクティス、トラブルシューティングの方法についても説明します.

レベル

中級コース

形態

クラスルームトレーニング、デモ、ハンズオンラボ

長さ

3 日間

このコースは次のような方を対象としています。

  • 中レベルのソフトウェア開発者

このコースの学習内容は次のとおりです。

  • Java、C#/.NET、Python、および JavaScript 向けに AWS SDK と開発者認証情報をセットアップする
  • AWS SDK を使用して AWS のサービスを操作し、ソリューションを開発する
  • サービスの認証に AWS Identity and Access Management (IAM) を使用する
  • データストアとして Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) と Amazon DynamoDB を使用する
  • AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、および AWS Step Functions を使用してアプリケーションとデータを統合する
  • ユーザー認証にウェブアイデンティティフレームワークと Amazon Cognito を使用する
  • Amazon ElastiCache を使用してアプリケーションのスケーラビリティを向上させる
  • 開発プロセスのコンテナを使用する
  • CI/CD パイプラインを利用して AWS でアプリケーションをデプロイする

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • 最低でも 1 つのハイレベルプログラム言語についての深い知識
  • AWS の主要なサービスとパブリッククラウドの実装に関する実務的知識

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • デモンストレーション
  • ハンズオンラボ

 

このコースでは、さまざまな実務的演習を通して、新しいスキルを試すとともに知識を実際の運用環境に応用することができます。

Developing Thumbnail

aws.training を参照

プライベートトレーニングについてお問い合わせください »



money-200-97

AWS トレーニングの受講料を、請求書支払い (Amazon ビジネス) にてお支払いいただけます。

5%OFFキャンペーン実施中(2019/1/15まで)

詳細を見る »