Developing on AWS

AWS SDK を使用して、安全でスケーラブルなクラウドのアプリケーションを開発する方法について学習します。

このコースでは、AWS SDK を使用して安全でスケーラブルなクラウドアプリケーションを開発する方法について学習します。AWS を操作するコードを書く方法について詳しく説明します。また主要な概念、ベストプラクティス、トラブルシューティングの方法についても説明します.

コースの目標

このコースの学習内容は以下のとおりです。

  • Java、C#/.NET、Python、および JavaScript 向けに AWS SDK とデベロッパー認証情報をセットアップする
  • AWS SDK を使用して AWS のサービスを操作し、ソリューションを開発する
  • サービスの認証に AWS Identity and Access Management (IAM) を使用する
  • データストアとして Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) と Amazon DynamoDB を使用する
  • AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、および AWS Step Functions を使用してアプリケーションとデータを統合する
  • ユーザー認証にウェブアイデンティティフレームワークと Amazon Cognito を使用する
  • Amazon ElastiCache を使用してアプリケーションのスケーラビリティを向上させる
  • 開発プロセスのコンテナを使用する
  • CI/CD パイプラインを利用して AWS でアプリケーションをデプロイする

対象者

このコースは次のような方を対象としています。

  • 中レベルのソフトウェアデベロッパー
icon_developer

コースの概要

mini-icon_training

コース様式
クラスルーム + ハンズオンラボ

mini-icon_level

コースレベル
中級コース

mini-icon_time

コース時間
3 日間

mini-icon_language

コース言語
複数の言語で利用可能

icon_developer

AWS 認定 デベロッパー – アソシエイト

試験 | 130 分

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験は、AWS ベースのアプリケーションの開発や保守における 1 年以上の実務経験がある開発担当者を対象としています。

icon_cloud-practitioner

AWS 認定クラウドプラクティショナー

クラスルームまたはデジタル | 90 分

AWS 認定クラウドプラクティショナー試験は、AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。その他の AWS 認定で扱われる特定の技術的役割からは独立しています。