DevOps Engineering on AWS

一般的な DevOps のパターンを使用して、AWS でアプリケーションを開発、デプロイ、保守する方法について学習します

このコースでは、AWS プラットフォームにおけるアプリケーションの開発、デプロイ、保守に使用する、DevOps の最も一般的なパターンについて学習します。DevOps の手法の主要な原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、大企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。

コースの目標

このコースの学習内容は以下のとおりです。

  • DevOps 方法論の主な概念とプラクティスを使用する
  • 1 つ以上の DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS 上で設計、実装する
  • AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする
  • AWS CodeCommit と AWS CodeBuild を使用して、継続的インテグレーション (CI) のための環境を AWS で実現するための各種オプションを理解する
  • AWS CodePipeline を使用して、継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) のパイプラインを AWS で設計、実装する
  • AWS CodeStar を使用して、すべてのソフトウェア開発アクティビティを 1 か所で管理する
  • AWS テクノロジーを使用して、ブルー/グリーンデプロイや A/B テストなどの一般的な継続的デプロイ (CD) のユースケースを実装する
  • AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイテクノロジー (AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon Elastic Container Service (ECS)、Amazon Elastic Container Registry (ECR) など) の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを判断する
  • Amazon EC2 Systems Manager を使用してパッチ管理を行う
  • CI/CD パイプラインのさまざまなステージにおいて自動化されたテストを活用する
  • AWS で稼働させるアプリケーションを微調整して高パフォーマンスを実現し、アプリケーションと環境で問題が発生しないよう AWS のツールやテクノロジーを使用して監視する

対象者

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者
icon_devops

コースの概要

mini-icon_training

コース様式
クラスルーム + ハンズオンラボ

mini-icon_level

コースレベル
アドバンスト

mini-icon_time

コース時間
3 日間

mini-icon_language

コース言語
複数の言語で利用可能