一般的な DevOps のパターンを使用して、AWS でアプリケーションを開発、デプロイ、保守する方法について学習します

このコースでは、AWS プラットフォームにおけるアプリケーションの開発、デプロイ、保守に使用する、DevOps の最も一般的なパターンについて学習します。DevOps の手法の主要な原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、大企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。

レベル

上級コース

形態

クラスルームトレーニング、ハンズオンラボ

期間

3 日間

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者

このコースの学習内容は次のとおりです。

  • DevOps 方法論の主な概念とプラクティスを使用する
  • 1 つ以上の DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS 上で設計、実装する
  • AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする
  • AWS CodeCommit と AWS CodeBuild を使用して、継続的インテグレーション (CI) のための環境を AWS で実現するための各種オプションを理解する
  • AWS CodePipeline を使用して、継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) のパイプラインを AWS で設計、実装する
  • AWS CodeStar を使用して、すべてのソフトウェア開発アクティビティを 1 か所で管理する
  • AWS テクノロジーを使用して、ブルー/グリーンデプロイや A/B テストなどの一般的な継続的デプロイ (CD) のユースケースを実装する
  • AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイテクノロジー (AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) など) の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを判断する
  • Amazon EC2 Systems Manager を使用してパッチ管理を行う
  • CI/CD パイプラインのさまざまなステージにおいて自動化されたテストを活用する
  • AWS で稼働させるアプリケーションを微調整して高パフォーマンスを実現し、アプリケーションと環境で問題が発生しないよう AWS のツールやテクノロジーを使用して監視する

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • Systems Operations on AWS または Developing on AWS
  • 1 つ以上の高水準プログラミング言語 (C#、Java、PHP、Ruby、Python など) の実務的知識
  • コマンドライレベルでの Linux システムや Windows システムの管理の中程度の知識
  • AWS での AWS マネジメントコンソールと、AWS コマンドラインインターフェイス(AWS CLI)の両方の使用経験

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ

このコースでは、さまざまな実務的演習を通して、新しいスキルを試すとともに知識を実際の運用環境に応用することができます。

DevposJP

aws.training を参照

プライベートトレーニングについてお問い合わせください »



money-200-97

AWS トレーニングの受講料を、請求書支払い (Amazon ビジネス) にてお支払いいただけます。

5%OFFキャンペーン実施中(2019/1/15まで)

詳細を見る »