DevOps Engineering on AWS

DevOps の哲学、プラクティス、ツールを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを高速で開発、提供、維持する方法を学ぶ

DevOps Engineering on AWS は、DevOps の文化的哲学、プラクティス、ツールの組み合わせを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを素早く開発、提供、維持できるように組織の能力を高める方法を示します。このコースでは、継続的インテグレーション (CI)、継続的デリバリー (CD)、コードとしてのインフラストラクチャ、マイクロサービス、モニタリングとログ記録、通信とコラボレーションについて説明します。ハンズオンラボでは、AWS CloudFormation テンプレートと、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) でアプリケーションを構築およびデプロイする CI/CD パイプラインの構築とデプロイ、サーバーレスアプリケーション、およびコンテナベースのアプリケーションをご体験いただけます。これには、複数の環境にデプロイするマルチパイプラインワークフローとパイプラインのラボも含まれています。

コースの目標

このコースの学習内容は以下のとおりです。

  • DevOps のベストプラクティスを使用して、AWS でアプリケーションとサービスを高速で開発、提供、維持する
  • 小規模で自律的な DevOps チームの利点、役割、責任を列挙する
  • DevOps 開発プロジェクトをサポートする AWS のインフラストラクチャを設計、実装する
  • AWS Cloud9 を利用してコードを記述、実行、デバッグする
  • AWS CloudFormation でさまざまな環境をデプロイする
  • AWS CodeCommit で安全でスケーラブルなプライベート Git リポジトリをホストする
  • Git リポジトリを CI/CD パイプラインに統合する
  • AWS CodeBuild でコードのビルド、テスト、パッケージ化を自動化する
  • Docker イメージを安全に保存して活用し、CI/CD パイプラインに統合する
  • CI/CD パイプラインを構築して、アプリケーションを Amazon EC2、サーバーレスアプリケーション、コンテナベースのアプリケーションにデプロイする
  • 「一度にすべて」、「ローリング」、「青/緑」などの一般的なデプロイ戦略を実装する
  • テストとセキュリティを CI/CD パイプラインに統合する
  • AWS ツールとテクノロジーを使用してアプリケーションと環境をモニタリングする

対象者

このコースは次のような方を対象としています。

  • DevOps エンジニア
  • DevOps アーキテクト
  • オペレーションエンジニア
  • システム管理者
  • デベロッパー
icon_devops

コースの概要

mini-icon_training

コース様式
クラスルーム + ハンズオンラボ

mini-icon_level

コースレベル
中級コース

mini-icon_time

コース時間
3 日間

mini-icon_language

コース言語
複数の言語で利用可能