一般的な DevOps のパターンを使用して、AWS でアプリケーションを開発、デプロイ、保守する方法について学習します

このコースでは、AWS プラットフォームにおけるアプリケーションの開発、デプロイ、管理に使用する、DevOps の最も一般的なパターンについて学習します。DevOps の手法の主要な原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、大企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。

レベル

アドバンスト

形態

クラスルームトレーニング、ライブまたは仮想クラス

期間

3 日間

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者

このコースでは、次の作業の方法を学習します。

  • DevOps 方法論の主な概念と、プラクティスを使用する
  • 1 つ以上の DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS 上で設計、実装する
  • AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする
  • AWS CodeCommit と AWS CodeBuild を使用して、継続的インテグレーションのための環境を AWS で実現するための各種オプションを理解する
  • AWS CodePipeline を使用して、継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) のパイプラインを AWS で設計、実装する
  • AWS CodeStar を使用して、すべてのソフトウェア開発アクティビティを 1 か所で管理する
  • AWS テクノロジーを使用して、ブルー/グリーンデプロイや A/B テストなどの一般的な継続的デプロイ (CD) のユースケースを実装する
  • AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイテクノロジー (AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) など) の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを判断する
  • Amazon EC2 Systems Manager を使用してパッチ管理を行う
  • CI/CD パイプラインのさまざまなステージにおいて自動化されたテストを活用する
  • AWS で稼働させるアプリケーションを微調整して高パフォーマンスを実現し、アプリケーションと環境で問題が発生しないよう AWS のツールやテクノロジーを使用して監視する

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • Systems Operations on AWS または Developing on AWS
  • 1 つ以上の高水準プログラミング言語 (C#、Java、PHP、Ruby、Python など) の実務的知識
  • コマンドライレベルでの Linux システムや Windows システムの管理の中程度の知識
  • AWS での AWS マネジメントコンソールと、AWS コマンドラインインターフェイス(AWS CLI)の両方の使用経験

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ

このコースでは、さまざまな実務的演習を通して、新しいスキルを試すとともに知識を実際の運用環境に応用することができます。

このコースでは次の概念が扱われます。

  • DevOps と DevSecOps
  • AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)
  • デプロイ戦略と開発者用ツール
  • Infrastructure as Code (IaC)
  • AWS 開発者用ツール
  • AWS でのテストの自動化
  • 構成管理
  • AMI の構築と Amazon EC2 Systems Manager
  • コンテナ: Docker と Amazon ECS
DevOps Thumbnail

aws.training を参照

プライベートトレーニングについてお問い合わせください »


「DevOps Engineering on AWS」では、 DevOps の基本概念を理解して、AWS 上でアプリケーションを開発、デプロイ、継続的改善していく方法を説明します。このコースでは、DevOps メソドロジーの基本原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、エンタープライズ企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。


本コースを修了すると、次のことができるようになります。

  • DevOps メソドロジーの主な基本原則の概念とプラクティスを理解する 
  • DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS 上で設計、実装する
  • Devopsとして知っておかなければいけない権限管理を理解する
  • AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする 
  • AWS 上に 用意されているGit をセットアップし、AWS 上で継続的インテグレーション環境を実現するための各種オプションを理解する 
  • 継続的インテグレーションと継続的デプロイの中心的な原則を使用する 
  •  AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイメントテクノロジー(AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon EC2 Container Service など)の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを選択できる 
  • AWS 上で稼働させるアプリケーションの高いパフォーマンスを実現させ、AWS のツールやテクノロジーを使用してアプリケーションと環境で問題が発生しないよう監視する

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • Developing on AWS コースまたは System Operations on AWS コースを受講済み
  • 1 つ以上のハイレベルプログラム言語(C#、Java、PHP、Ruby、Python など)の実務的知識
  • コマンドライレベルでの Linux システムや Windows システムの管理の中程度の知識
  • AWS での AWS マネジメントコンソールと、AWS コマンドラインインターフェイス(AWS CLI)の両方の使用経験
DevOps Thumbnail

今すぐ申し込む
受講前に知識レベル確認
AWS提供スケジュール

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • グループ演習
  • 3 日間(9:30 - 17:30)

注: コースの内容は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

第 1 日

  • DevOps とは何か?
  • コードとしてのインフラストラクチャ、パート 1: 設計とセキュリティ
  • コードとしてのインフラストラクチャ、パート 2: CloudFormation と構成管理

第 2 日

  • クラウドでの継続的インテグレーション
  • AWS での継続的デプロイ
  • AWS でアプリケーションをデプロイする、パート 1

第 3 日

  • AWS でアプリケーションをデプロイする、パート 2
  • すべてをつなげる(Deployment Pipeline)
  • デプロイメントのパフォーマンス調整
  • インフラストラクチャの管理と自動化

210,000 円(税別)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら