「DevOps Engineering on AWS」では、 DevOps の基本概念を理解して、AWS 上でアプリケーションを開発、デプロイ、継続的改善していく方法を説明します。このコースでは、DevOps メソドロジーの基本原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、エンタープライズ企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。


本コースを修了すると、次のことができるようになります。

  • DevOps メソドロジーの主な基本原則の概念とプラクティスを理解する 
  • DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS 上で設計、実装する
  • Devopsとして知っておかなければいけない権限管理を理解する
  • AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、運用環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイする 
  • AWS 上に 用意されているGit をセットアップし、AWS 上で継続的インテグレーション環境を実現するための各種オプションを理解する 
  • 継続的インテグレーションと継続的デプロイの中心的な原則を使用する 
  •  AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイメントテクノロジー(AWS CodeDeploy、AWS OpsWorks、AWS Elastic Beanstalk、Amazon EC2 Container Service など)の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを選択できる 
  • AWS 上で稼働させるアプリケーションの高いパフォーマンスを実現させ、AWS のツールやテクノロジーを使用してアプリケーションと環境で問題が発生しないよう監視する

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者
今すぐ申し込む
受講前に知識レベル確認
AWS提供スケジュール

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • 1 つ以上の上級プログラム言語(C#、Java、PHP、Ruby、Python など)の実務的知識
  • コマンドライレベルでの Linux システムや Windows システムの管理の中程度の知識
  • AWS での AWS マネジメントコンソールと、AWS コマンドラインインターフェイス(AWS CLI)の両方の使用経験
  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • グループ演習

注: コースの概要は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

第 1 日

  • DevOps とは何か?
  • コードとしてのインフラストラクチャ、パート 1: 設計とセキュリティ
  • コードとしてのインフラストラクチャ、パート 2: CloudFormation と構成管理

第 2 日

  • クラウドでの継続的インテグレーション
  • AWS での継続的デプロイ
  • AWS でアプリケーションをデプロイする、パート 1

第 3 日

  • AWS でアプリケーションをデプロイする、パート 2
  • すべてをつなげる(Deployment Pipeline)
  • デプロイメントのパフォーマンス調整
  • インフラストラクチャの管理と自動化

4月1日以降にスケジュールされているクラスは価格が変わります。

1月31日18:00までにお申込みいただいた分に関しては、変更はございません。

$1800 (3月31日までにスケジュールされているクラス)

$2100 (4月1日以降にスケジュールされているクラス)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら