本コースはAmazon Web Services (AWS)をこれから使い始めるというお客様が最初に受講するのに最適なコースとなっております。

「AWS Technical Essentials 1 」では、AWS の製品、サービス、および一般的なソリューションについてご紹介します。このコースでは AWS のサービスの理解を深めるための基本知識が説明され、受講者が自身のビジネス要件に応じて、IT ソリューションに関する情報に基づいた決定を下し、AWS の使用を始めるのに役立ちます。

本コースは2017年2月からの提供開始になります。それ以前はAWS実践入門1をご受講ください。

本コースを修了すると次のことができるようになります。

  • データセンター設計の基本概念を理解する
  • AWS プラットフォームに関連する用語と概念を理解し、AWS マネジメントコンソールを操作する
  • Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Simple Storage Service (S3)、Auto Scaling、および Elastic Load Balancing (ELB) といった基盤インフラストラクチャサービスについて理解する
  • AWS の提供するセキュリティ対策と、AWS Identity and Access Management (IAM) の主要概念について理解する
  • Amazon DynamoDB や Amazon Relational Database Service (RDS) といった AWS のデータベースサービスについて理解する
  • Amazon CloudWatch や AWS Trusted Advisor といった AWS の管理ツールについて理解する
今すぐ申し込む
AWS提供スケジュール

このコースは次のような方を対象としています。

  • これから AWS を使い始める方
  • AWS のサービスについて技術上の利点を顧客に説明する担当者
  • AWS を使用開始する方法について学ぶことに関心がある方
  • AWS のサービスの使用に関心がある SysOps 管理者、ソリューションアーキテクト、および開発者
  • Webシステム構築・運用経験または知識(推奨)
  • リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の知識(推奨)
  • 一般的なネットワーク概念に関する知識 (推奨)

このコースはクラスルームトレーニングとハンズオンラボ(演習)を組み合わせて実施されます。

このコースでは、さまざまな実務的演習を通して、新しいスキルを試すとともに知識を実際の運用環境に応用することができます。

  • 1日(9:30-17:30)

注: コースの概要は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

このコースでは次の概念が扱われます。

  • AWS の紹介と歴史
  • AWS 基盤サービス: EC2、VPC、S3、EBS
  • AWS のセキュリティ、アイデンティティ、およびアクセス管理: IAM
  • AWS のデータベース: RDS、DynamoDB
  • AWS 管理ツール: Auto Scaling、CloudWatch、Elastic Load Balancing、Trusted Advisor

4月1日以降にスケジュールされているクラスは価格が変わります。

1月31日18:00までにお申込みいただいた分に関しては、変更はございません。

$600 (3月31日までにスケジュールされているクラス)

$700(4月1日以降にスケジュールされているクラス)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら