試験のコンセプトと構成について概要を理解し、練習問題を確認し、高度なユースケースを演習するハンズオンラボを実施します。

この 1 日間のワークショップは、Advanced Architecting on AWS を補完するよう作成され、AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験を受験予定の方が対象です。このワークショップでは、試験全体のコンセプトおよび知識分野の概要、試験の構成、問題形式について説明します。ラボでは、高度なユースケースの実践演習が行われ、模擬試験問題でアーキテクチャに関する主要な概念の理解をテストします。

レベル

アドバンスト

形態

インストラクター主導、ライブまたは仮想クラス

期間

1 日

このコースでは、次のことについて説明します。

  • 試験で扱われる分野、および AWS のサービスによりその分野がどのようにマッピングされるかについての理解
  • 複数の AWS のサービスを組み合わせて複雑なアーキテクチャ要件を解決する方法
  • AWS のコアサービスの高度な概念と関連するユースケースの理解
  • AWS アーキテクチャに関する概念に関する問題がどのように記述されるかを識別する

このワークショップは次のような方を対象としています。

このワークショップを受講するにあたり、次の条件を満たしておくことをお勧めします。

  • Advanced Architecting on AWS コースの受講(または同等の知識を有している)
  • AWS でのクラウドアーキテクチャの設計およびデプロイに関する 2 年以上の実践経験。

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング (ILT)
  • ハンズオンラボ演習
  • グループディスカッション
  • サンプル演習問題

このコースでは次の概念が扱われます。

  • 試験で扱われる分野と試験の構造の紹介
  • 試験で扱われる分野の詳細な説明
  • 特定のユースケースを補強するためのハンズオンラボ
  • サンプル問題とグループディスカッションのシナリオ
  • 模擬試験の問題
AWS 認定試験準備ワークショップを検索
プライベートトレーニングについて問い合わせる