AWS クラウド環境で推奨されるジョブロールについて学び、オンプレミスのジョブロールとクラウドのジョブロールをどのように比較できるかをご覧ください。

このセルフペースコースでは、エンタープライズレベルの AWS クラウド環境に適用可能な、想定されるジョブロールを紹介します。まず、比較として使用されるオンプレミスでのジョブロールを紹介します。Infrastructure as Code とは何か、Infrastructure as Code を使って DevOps モデルへ対応することでジョブロールがいかに進展するかということについても扱います。

レベル

基礎コース

形態

セルフペース、オンライン

期間

30 分

このコースでは、次のことについて説明します。

  • クラウド環境におけるジョブロールと責任範囲を見極める。
  • 既存のオンプレミスのジョブロールとクラウドのジョブロールを比較する。
  • 主要なジョブロールについてのコンピテンシーを明らかにする。
  • Infrastructure as Code とその利点について説明する。
  • Infrastructure as Code がジョブロール責任の分担にどのように影響し得るかを明らかにする。

このコースはビジネス上の意思決定者を対象としており、潜在的な組織の変化を見極める助けとなるよう意図されています。さらに、クラウドのジョブロールに関係する責任と能力について説明することにより、クラウドまたはオンプレミスのジョブロールに携わる関係者に貴重な情報を提供します。

なし

このコースでは次の概念が扱われます。

  • 古典的な IT のジョブロール
  • クラウドのジョブロール
  • クラウドのジョブロールと Infrastructure as Code
Job Roles in the Cloud に今すぐ登録