「Systems Operations on AWS」では、システム管理者または開発運用 (DevOps) 担当者向けに、自動化や繰り返しが可能なネットワークやシステムのデプロイを AWS プラットフォームで作成する方法について説明します。このコースでは、システム運用および構成管理やデプロイに関係する AWS の特定の機能やツールついて取り上げます。


このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Elastic Load Balancing、Auto Scaling といった AWS の標準インフラストラクチャ機能をコマンドラインから使用する
  • AWS CloudFormation や他の自動化技術を使用して、自動化や繰り返しが可能な方式でAWS リソースのスタックをデプロイする
  • AWS マネジメントコンソールを使用して、Amazon VPC を使った有効な仮想プライベートネットワークを一から構築する
  • コマンドラインの呼び出しを使用して Amazon EC2 インスタンスをデプロイし、インスタンスに関連する最も一般的な問題をトラブルシューティングする。
  • Amazon EC2 インスタンスや AWS の他のサービスの状態をモニタリングする
  • クラウドでユーザー ID、AWS のアクセス権限、セキュリティを管理する
  • Amazon CloudWatch、タグ付け、Trusted Advisor といったツールを使用して、AWS アカウントでリソース消費量を管理する
  • 再利用可能な Amazon EC2 インスタンスを作成するために最適な戦略を選択また実装する
  • 需要に応じて拡大/縮小するシステムを使って、ロードバランサーの配下で起動する Amazon EC2 のインスタンスセットを設定する
  • ベーシックな AWS CloudFormation スタックの定義を編集し、トラブルシューティングを行う
今すぐ申し込む
AWS提供スケジュール

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者、特に開発運用 (DevOps) 担当者


このコースを受講するにあたって以下の内容を事前に学習していただくことを推奨します。

  • 「AWS Technical Essentials 1 および 2」を修了または、同等の知識がある方(必須)
  • ソフトウェア開発またはシステム管理の経験
  • コマンドラインでオペレーティングシステムを管理した経験(Linux 環境でのシェルスクリプト、Windows での cmd または PowerShell)
  • ネットワーキングプロトコル(TCP/IP、HTTP)に関する基本的な知識

 


  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • グループ演習
  • 3 日間(9:30 - 17:30)

注: コースの内容は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

1 日目

  • System Operations on AWS の概要
  • クラウドにおけるネットワーキング
  • クラウドにおけるコンピューティング

2 日目

  • クラウドにおけるストレージとアーカイブ
  • クラウドにおけるモニタリング
  • クラウドにおけるリソース消費量の管理

3日目

  • クラウドにおける設定管理
  • クラウドにおけるスケーラブルなデプロイの作成
  • 自動化され、繰り返し可能なデプロイの作成

210,000 円(税別) 

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら