ネットワークやシステムに関する自動化や繰り返しが可能なデプロイを AWS プラットフォームで作成する方法について学習します

このコースでは、ネットワークやシステムに関する自動化や繰り返しが可能なデプロイを AWS プラットフォームで作成する方法を学習します。設定やデプロイに関係する AWS の機能やツールについて、また、システムの設定とデプロイのベストプラクティスについて詳しく学習します。

レベル

中級コース

形態

クラスルームトレーニング、ハンズオンラボ、仮想クラスルームトレーニング

長さ

3 日間

このコースは次のような方を対象としています。

  • システム管理者
  • ソフトウェア開発者 (特に DevOps 担当者)

このコースの学習内容は次のとおりです。

  • Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Elastic Load Balancing (ELB)、Auto Scaling などの AWS の標準インフラストラクチャ機能をコマンドラインから使用する
  • AWS CloudFormation とその他のオートメーション技術を使用して、AWS リソースのスタックを作成する
  • Amazon VPC を使用して仮想プライベートネットワークを構築する
  • コマンドラインから Amazon EC2 インスタンスをデプロイし、インスタンスに関連する一般的な問題のトラブルシューティングを行う
  • Amazon EC2 インスタンスや他の AWS サービスの状態をモニタリングする
  • AWS クラウド内で ID、AWS のアクセス許可、セキュリティを管理する
  • タグ、Amazon CloudWatch、および AWS Trusted Advisor を使用して、AWS アカウントのリソース消費量を管理する
  • 再利用可能な Amazon EC2 インスタンスを作成するための最良の戦略を決定する
  • ロードバランサーの背後で起動する複数の Amazon EC2 インスタンスを設定する
  • AWS CloudFormation スタックの基本的な定義のトラブルシューティングを行う
このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。
 
  • AWS Technical Essentials
  • ソフトウェア開発またはシステム管理の経験
  • コマンドラインでオペレーティングシステムを保守することができる習熟度 (たとえば、Linux 環境のシェルスクリプトや、Windows のコマンド/PowerShell)
  • TCP/IP や HTTP などのネットワークプロトコルに対する基本的な知識

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • 仮想クラスルームトレーニング
SystemOpsJp

aws.training を参照

プライベートトレーニングについてお問い合わせください »