機械学習: デベロッパー

機械学習と人工知能をツールとアプリケーションに統合する方法を学ぶ

このパスは、ビルダーとソフトウェアデベロッパー向けに設計されています。機械学習 (ML) と人工知能 (AI) がデータサイエンティストと連携して、ML テクノロジーの革新にどのようにして役立つかを学びます。次に、オプションのトレーニングで、学習したことを補強します。

コースの詳細については、下記に示す学習の進め方をご覧ください。

learning-paths_ml-developer_march2020
  • このラーニングパスで AWS クラウドのスキルを身につけるには、推奨された順番に従ってコースと試験を受けてください。

    ML ビルディングブロック: サービスと用語

    機械学習のスタックと用語、および機械学習での良い基礎を据えるのに役立つプロセスを明確にします。

    プロセスモデル: AWS スタックの CRISP-DM

    CRISP-DM の方法論とフレームワークについて説明し、日々の業務にモデルの 6 つのフェーズを適用します。

    データサイエンスの要素

    問題の定式化、探索的データ分析、特徴量設計、モデルのトレーニング、チューニング、デバッグ、そしてモデルの評価と生産化について取り上げ、機械学習モデルの構築および継続的な改善について学びます。

    機械学習アプリケーションの開発

    Amazon のフルマネージド型 ML プラットフォームである Amazon SageMaker について詳しく学びます。

    Amazon SageMaker を使用した実践的なデータサイエンス

    新しい 1 日間のクラスルームトレーニングコースでは、Machine Learning (ML) での実際のユースケースを学び、Amazon SageMaker を使用します。

    The Machine Learning Pipeline on AWS

    機械学習 (ML) パイプラインを使用して、プロジェクトベースの学習環境で、実際のビジネス上の問題を解決する方法を学びます。AWS のインストラクターによるプレゼンテーションとデモを通じて、パイプラインの各フェーズについて学びます。次に、その知識を活用して、3 つあるビジネス上の問題のうち 1 つを解決するプロジェクトを完了します。コースの修了すると、Amazon SageMaker を使って、選択したビジネス上の問題を解決する ML モデルを構築、トレーニング、評価、調整、デプロイできるようになります。

    Machine Learning セキュリティ

    NACL、セキュリティグループ、AWS Identity and Access Management、および暗号化キー管理について詳細に説明する具体的なトピックを通して、アプリケーションと環境を保護します。

    試験準備: AWS 認定 Machine Learning – スペシャリティ

    AWS 認定 Machine Learning – スペシャリティ試験のトピック領域を学び、AWS での機械学習との関係を確認し、将来の自習用に機械学習 (ML) と深層学習 (DL) の基礎領域にマッピングします。

  • AWS DeepRacer: 強化学習を使いパワーアップ

    モデルを構築、トレーニング、デプロイして ML スキルを磨きましょう。

    詳細: 機械翻訳と NLP

    このコースでは、人間の言語で機械と対話する方法について確認します。自動音声認識、自然な流れの言語翻訳、テキストのインサイトや関係性といった、ニューラルネットワークと自然言語処理のトピックで役立つ AWS のサービスを確認します。

    Seeing Clearly: Computer Vision Theory

    このカリキュラムでは、機械によって画像や動画が認識される方法について確認します。

  • オプションのトレーニング

    Big Data on AWS

    このコースでは、Amazon Elastic MapReduce (EMR)、Amazon Redshift、Amazon Kinesis、およびその他の AWS ビッグデータプラットフォームなど、クラウドベースのビッグデータソリューションを紹介します。

  • AWS 認定

    AWS 認定 機械学習 – 専門知識

    認定資格 AWS Certified Machine Learning – Specialty は AWS の専門家が設計したもので、データモデルの構築と調整に必要な、需要の高いスキルを身につけていることを確認できます。成長の著しいこの分野で、ご自身や組織のスキルの差別化を実現しましょう。

    試験  |  180 分

さらに情報をお探しですか?