AWS 仮想クラスルームトレーニング

教室でのライブ学習体験をお届けします

AWS 仮想クラスルームトレーニングは、教室での学習体験を提供します。AWS 認定の専門インストラクターと協力して、即座に実践的なサポートを提供します。

ライブインストラクターは、プレゼンテーション、ディスカッション、実践ラボを組み合わせてオンデマンドのクラウドスキルとベストプラクティスを学生に教えます。学生が理解できるようにサポートし、学習内容を保持できるようにします。

vILT-illustrations

実現できること

仮想クラスルームのインストラクターの画像

さまざまな方法で学ぶ

プレゼンテーション、同僚間ディスカッション、インタラクティブなラボを組み合わせて、複雑なトピックをリアルタイムで分析します。
仮想クラスルームのメッセージングツールの画像

リアルタイムで連絡を取る

インストラクターは、リアルタイムのメッセージをモニタリングして、質問やフィードバックに対応します。
仮想クラスルームでのライブインストラクターの投票画像

インストラクターのライブ投票に対応する

フィードバックを提出するか、ライブ投票を通じて意見を入力する、または質問があるときに手を挙げてインストラクターに知らせます。

特徴と利点

ライブ学習

授業はライブで行われるため、インストラクターは学生に対してその場で実践的な回答を行い、お互いに協力して強化学習を行うことができます。

すべてのコースを仮想で提供

事実上すべての AWS クラスルームトレーニングコースをご利用できます。これらのコースによる学習体験を提供します。

AWS 認定の専門インストラクター

対面クラスを提供する AWS 専門インストラクターと同じインストラクターが仮想クラスを提供します。

実世界の知識

仮想で提供されるか、対面で提供されるかにかかわらず、コースは専門家によって設計されています。学生がお客様の実際のシナリオに基づいてベストプラクティスを学べるよう支援します。

利便性と柔軟性

移動せずにクラスに参加します。チームの出張日にトレーニングをスケジュールします。

投資収益率

組織は、チームがプロジェクトをより迅速に完了し、出張費をかけずに、自信を持ってトラブルシューティングを行うように支援します。

追加リソースと情報

ブログや記事などで、仮想トレーニングの価値について詳しく学びます。更新されたコンテンツを頻繁に確認してください。

技術的要件

AWS 仮想クラスルームトレーニングの準備が整っていることを確認するには、次の要件を確認してください。

  • 自分のデバイスを持参する

    参加者は持参したノート型パソコンまたは PC で有線/無線インターネットにアクセスする必要があります。

  • ライブ仮想クラスルームへのアクセス

    AWS は GoToTraining を利用して仮想トレーニングクラスを提供しています。GoToTraining の技術的要件については、LogMeIn のトレーニング参加者向けサポートページをご覧ください。APN トレーニングパートナーは、仮想クラスに対して別のソリューションを使用するよう要求する場合があります。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

  • 実践演習

    授業中にラボ演習にアクセスするには、参加者は次の TCP ポートでアウトバウンドにアクセスする必要があります。

    • TCP ポート (アウトバウンド) 3389 - RDP
    • TCP ポート (アウトバウンド) 22 - SSH
    • TCP ポート (アウトバウンド) 80、443 – ウェブ
    • TCP ポート (アウトバウンド) 4172 – Amazon WorkSpaces (インストラクターに必要な場合があります)
  • Windows SSH クライアント

    Windows ユーザーには、Putty などの SSH クライアントが必要です。

ご質問がありますか? よくある質問から回答をご覧ください。