VMware Cloud on AWS では、4~16 個のホスト vSphere クラスターがサポートされる、専用のシングルテナントインフラストラクチャが提供されています。これは、AWS の伸縮自在なベアメタルの AWS インフラストラクチャで提供され、次世代のストレージ最適化ハイ I/O インスタンスに基づき、低レイテンシーの Non-Volatile Memory Express (NVMe) ベースの SSD が使用されています。 クラスターからホストを追加および削除して (1 個のクラスターあたり 4~16 個のホスト)、キャパシティーをスケールできます。VMware Cloud on AWS では、VMware ソフトウェアスタックが、ネストされた仮想化を使用せずに、ホストサーバーで直接実行されます。コールド移行や VM テンプレート移行を使用して、既存のワークロードを VMware 環境と VMware Cloud on AWS 間で移動できます。

ウェブベースのコンソールや RESTful API を使用して、AWS クラウドで新しい VMware SDDC クラスターをすばやく作成できます。VMware では、VMware SDDC ソフトウェアコンポーネントや最新のウェブベースのコンソールを含む、サービスの管理および運用が行われます。VMware はサービスステータスを、通知、エンタープライズクラスの 24 時間年中無休のサービスサポートおよびサイト信頼性オペレーション、さらにはよくある質問、フォーラム、チャットサポートを含むサポートセンターを通して提供します。VMware では、予定された SDDC ソフトウェアアップデートと通知された緊急ソフトウェアパッチ、ハードウェア障害の自動修復が実行されます。


vmware_Portability_08172017

VMware Cloud on AWS により、vSphere、vSAN、NSX、vCenter などの VMware SDDC ソフトウェアスタックが、伸縮自在でスケーラブルな AWS クラウドで利用できるようになります。各 SDDC は 4~16 個のホストで構成され、それぞれ 36 個のコア、512 GiB のメモリ、15.2 TB raw (初期の 4 個のホストクラスター内で約 21 TB の使用可能容量) の NVMe ストレージを備えています。完全に設定された VMware SDDC クラスターを数時間以内にデプロイでき、数分でホスト容量のスケールアップやスケールダウンを実行できます。


各 SDDC クラスターでは、NVMe インスタンスストレージに構築された、"オールフラッシュ" の vSAN ストレージソリューションが活用されています。各 ESXi ホストには NVMe ストレージが備わっています。vSAN を実行する初期の 4 個のホストクラスターでは、15.2 TB raw ストレージ (約 21 TB の使用可能容量) が提供されます。vSphere による、既存のストレージポリシーベースの管理を使用して、アプリケーションごとにストレージ SLA を管理できます。サービス品質、スナップショット、消失コーディング、サードパーティのデータ保護のための API (vADP) を含む、高度なデータサービスを活用することもできます。

Benefit_100x100_Predictable-Performance

awsmp_networking.png

VMware Cloud on AWS では、VMware NSX ネットワーキングプラットフォームを通じて接続することにより、管理とアプリケーショントラフィックのために分離された専用ネットワークが提供され、ネットワーキングのマルチキャストがサポートされます。ESXi ホストは、最大 25 Gbs のスループットがサポートされる AWS Elastic Networking Adapter (ENA) を通じて、AWS VPC に接続されます。


VMware Cloud on AWS により、オンプレミス環境と VMware Cloud on AWS 間での IPSec VPN 接続など、AWS のセキュリティを最優先するアプローチの利点を活用できます。ネットワークアドレス変換 (NAT) を使用して、プライベートサブネットで実行しているワークロードに VMware Cloud on AWS で接続を確立し、ネットワーク ACL を活用して、サブネットに出入りするトラフィックをコントロールできます。

vmware_Security_08172017

software

VMware Cloud on AWS では、カスタムサイズの VM がサポートされ、VMware でサポートされているすべての OS を実行でき、シングルテナントのベアメタル AWS インフラストラクチャを活用できるため、自分の所有する Windows Server ライセンスをクラウドで使用できます。


データ保護、DevOps、クラウド移行、セキュリティなどの分野にわたって、最先端の ISV パートナーソリューションのサポートが得られます。詳細については、こちらの VMware ウェブサイトを参照してください。

operating_systems