AWS SDK for Python(boto)を使用すると、AWS の使用を迅速に開始できます。Boto は、Amazon S3、Amazon EC2、Amazon DynamoDB など、多くの AWS サービス向けの Python API を提供するため、コーディングの複雑さが軽減されます。単一のダウンロード可能なパッケージの中に boto ライブラリとドキュメントが含まれます。

AWS SDK for Python(Boto) »

または、pip を使ってインストールする

pip で Boto をインストールする


AWS SDK for Python(Boto)の次期メジャーリリースのプレビュー版が利用可能になりました。新機能を試し、最終版の設計にお役立てください。また、フィードバックをお送りください。

Python 2 および 3 のサポート

Boto は Python の 2 と 3 を両方ネイティブサポートするために基本から書き直されています。

一貫性のあるサービスインターフェイス

すべてのサービスクライアントが同じインターフェイスに準拠することで、サポートされるすべてのサービスでアクセスに一貫性が生まれます。

カスタマイズ可能なプラグイン

AWS SDK for Python – バージョン 3 は新しい botocore パッケージの上に構築されており、自分のアプリケーションに合わせてプラグインを作成するための強力なインターフェイスを提供します。

GitHub からプレビューのクローンを作成する »

GitHub プロジェクト » またはフォーラム » からフィードバックをお送りください


Amazon S3 Multipart Uploader

データを Amazon S3 にロードするための使いやすいコマンドラインツールであり、マルチプロセス Amazon S3 マルチパートアップロードを広範に使用することで、スループット、パフォーマンス、および信頼性を向上させます。

Amazon Glacier Multipart Uploader

Glacier Multipart Uploader は、高レベル API により、大きなファイルを自動的にパーツに分割し、チェックサムを計算して、効率的に平行してこれらを送信します。これにより、Amazon Glacier との間のデータ転送が容易になります。




他の開発者とのコミュニケーションを図る: Python コミュニティフォーラム »

AWS での Python の使用に関する詳細を確認する: Python 開発者センター »

最新の SDK の関する詳細を確認する: リリースノート »

ソースコードの詳細を確認する: GitHub リポジトリ »