組み込み分析のチュートリアル

(Amazon QuickSight を利用)

モジュール 7: アプリケーションを起動する

このモジュールでは、アプリケーションを起動します。

はじめに

準備完了です! このモジュールでは、ポータルと QuickSight の組み込みダッシュボードまたは組み込みセッションを起動します!

学習内容

  • 組み込みダッシュボードおよびアプリケーションを起動する
  • 組み込みセッションを起動する

 所要時間

5 分

 使用するサービス

実装

  • 組み込みダッシュボードを起動する

    最後の仕上げ - 組み込みダッシュボードを起動し、テストします。

    1.以下のリンクで (メモ帳からの) 値に置き換えて、組み込みダッシュボードの URL を作成します。
    https://CloudFront ドメイン名/qsembed.html?dashboardid=DashboardId&dashboardregion=DashboardRegion

    2.プライベートのブラウザウィンドウで URL を起動します。

    180

    3.認証のために Cognito にリダイレクトされます。
    ユーザー名に DemoUser、パスワードに TestPass-1 と入力し、[Sign in (サインイン)] をクリックします。

    注意 - ダッシュボードの組み込みを試している時に既にパスワードをリセットしている場合は、設定したパスワードを使用し、次のステップは無視してください。

    181

    4.新しいパスワードを設定して確認するよう求められます。新しいパスワードを入力し、[Send (送信)] をクリックします。

    182

    5.Cognito が OpenIdToken を使用した CloudFront の静的 URL にリダイレクトします。
    組み込みダッシュボードのページが表示されます。

    183
  • 組み込みセッションを起動する

    最後の仕上げ - 組み込みセッションを起動し、テストします。

    作成者は、埋め込みセッションを通じて QuickSight のオーサリング機能を使用できます。
    閲覧者は共有されているダッシュボードを表示し、それを組み込みセッションを通じて使用できます。
    DemoUser は作成者としてセットアップされているため、ここに組み込まれているセッションの作成者として体験することができます。

    1.以下のリンクで (メモ帳からの) 値に置き換えて、組み込みセッションの URL を作成します。
    https://CloudFront ドメイン名/qsembed.html?dashboardregion=DashboardRegion

    2.プライベートのブラウザウィンドウで URL を起動します。

    188

    3.認証のために Cognito にリダイレクトされます。
    ユーザー名に DemoUser、パスワードに TestPass-1 と入力し、[Sign in (サインイン)] をクリックします。

    注意 - ダッシュボードの組み込みを試している時に既にパスワードをリセットしている場合は、設定したパスワードを使用し、次のステップは無視してください。

    189

    4.新しいパスワードを設定して確認するよう求められます。新しいパスワードを入力し、[Send (送信)] をクリックします。

    190

    5.Cognito が OpenIdToken を使用した CloudFront の静的 URL にリダイレクトします。
    QuickSight の組み込みセッションのページが表示されます。

    すぐにローカルデータの一部を取り込み、そこからダッシュボードを構築してみましょう。

    191

    6.[Manage data (データの管理)] をクリックし、次の画面で [New data set (新しいデータセット)] クリックします。

    192

    7.[Upload a file (ファイルのアップロード)] をクリックします。

    193

    8.アップロードするローカルデータのファイルを選択します。

    194

    9.[Next (次へ)] をクリックします。

    195

    9.[Visualize (視覚化)] をクリックします。

    196

    10.分析ビューが表示されます。ここから必要なビジュアルを構築できます。

    197

    11.ビジュアルに追加するフィールドをクリックします。

    198

    12.必要に応じて (パネル上部の + アイコンから) ビジュアルを追加し、ダッシュボードを公開します。

    199

まとめ

AWS QuickSight を使用した組み込み分析チュートリアルの最後のモジュールを無事に修了しました!

このチュートリアルは役に立ちましたか?

おめでとうございます。

QuickSight を使用して独自のウェブポータルに分析を正常に組み込むことができました!