ACM 証明書を削除しようとしましたが、他の AWS リソースで使用されているというエラーが表示されました

最終更新日: 2020 年 8 月 10 日

AWS Certificate Manager (ACM) 証明書を削除しようとしましたが、以下のエラーが表示されました。「証明書が使用中であるため (他の AWS リソースに関連付けられている) 削除できません」リスト内の各リソースから証明書の関連付けを解除して、もう一度お試しください」

簡単な説明

エッジ最適化された API エンドポイントをデプロイすると、Amazon API Gateway による Amazon CloudFront ディストリビューションを作成します。リージョン API エンドポイントをデプロイすると、API Gateway によって Application Load Balancer (ALB) を作成します。CloudFront ディストリビューションまたは ALB は、お客様のアカウントではなく API Gateway が所有しています。API Gateway をデプロイするために提供された ACM 証明書は、CloudFront ディストリビューションまたは ALB に関連付けられています。

同様に、Amazon Cognito ユーザープールにカスタムドメインを追加すると、CloudFront ディストリビューションが作成されます。CloudFront ディストリビューションは、お客様のアカウントではなく、Amazon Cognito サービスが所有しています。カスタムドメインを作成するために提供された ACM 証明書は、CloudFront ディストリビューションに関連付けられています。

注意: AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) で describe-certificate コマンドを実行すると、ACM 証明書が関連付けられているリソースを確認できます。

解決方法

ACM 証明書と CloudFront ディストリビューションまたは ALB との関連付けを削除するには、カスタムドメインに関連付けられている ACM 証明書を置き換えるか、カスタムドメインを削除しなければなりません。

重要:

ACM 証明書の関連付けを削除するには、次のいずれかを実行します。

その後、ACM 証明書を削除します。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?