AWS アカウントの管理者が退職しました。この AWS アカウントにアクセスする方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 9 月 25 日

ルートアカウントにアクセスする必要がありますが、次のいずれかの理由により、アカウントにサインインするための資格情報がありません。

  • AWS アカウントのルートユーザーがアカウント管理者ではなくなり、アクセスできなくなった。
  • メールアドレスが無効なため、パスワードをリセットできない。

解決方法

root ユーザーとしてアカウントにアクセスするには、そのアカウントに関連付けられている E メールアドレスとパスワードが必要です。AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーとしてアカウントにアクセスするには、その IAM ユーザーのユーザー名とパスワードが必要です。

Multi-Factor Authentication (MFA) デバイスが紛失または破損し、MFA トークンを取得できない場合は、紛失または破損した MFA デバイスを AWS アカウントから削除する方法を参照してください。 

アカウントの認証情報を取得する最も簡単な方法は、アカウントの元管理者に問い合わせることです。 

元管理者に問い合わせることが難しい場合は、以下の操作を試してみてください。

  • E メールアドレスが企業ドメインに関連付けられていて、エイリアスを忘れたか、スペルを間違えた場合は、E メール管理者に連絡して、E メールアドレスにアクセスするのに役立つオプションについて問い合わせることをお勧めします。会社の E メール管理者が E メールアドレスへのアクセス許可を与えることができるかどうか、またはパスワードを再設定するための E メールを渡すことができるかどうか、E メール管理者に問い合わせてください。
  • Amazon からのパスワードリセットメールなど、E メールアドレスに送信された E メールを取得するのに役立つキャッチオールアカウントを設定することを検討してください。キャッチオールアカウントは、サーバーに認識されていない E メールアドレスを含め、ドメイン宛のすべての E メールを収集する E メールアドレスです。キャッチオールアカウントは、ドメインのスペルが間違っている受信者宛の E メールをキャッチして保存するのに便利です。キャッチオールアカウントを設定したら、Amazon からの E メールに記載されているパスワードリセットリンクをクリックし、AWS アカウントのルートパスワードをリセットできます。ルートパスワードをリセットした後、[アカウント設定] ページにサインインし、アカウントの E メールアドレスを更新します。
    注意: パスワードリセット用の E メールは、アカウントが 2017 年 8 月 28 日より前に作成された場合は account-update@amazon.com から、アカウントが 2017 年 8 月 28 日より後に作成された場合は password-reset-noreply@aws.amazon.com から送信されます。
  • アカウントへの root アクセス許可を持っているが、特定の IAM ユーザーのパスワードが分からない場合は、root ユーザーとしてサインインして、パスワードを変更します。
    重要: AWS サポートは、いかなる理由でもアカウントのルートまたは IAM 認証情報を変更することはできません。