Auto Scaling グループがスケールダウンした理由を教えてください。

スケールダウンは、スケールダウンポリシーまたはスケジュールに基づくスケーリングによってトリガーされたか、ユーザーによる操作が考えられます。スケールダウンが発生した場合、インスタンスは設定された削除ポリシーに従って削除されます。

以下に示すように、AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) または AWS API を使用して、Auto Scaling グループのスケーリング履歴を確認します。

ポリシーベースのスケールダウン

スケールダウンポリシーによる Auto Scaling グループのスケールダウンの場合は、スケーリング履歴に次のようなメッセージが表示されます。

At 2016-05-08T13:55:14Z a monitor alarm My-Scale-Down-Alarm in state ALARM
triggered policy Decrease Group Size changing the desired capacity from 4 to 3.

AWS マネジメントコンソールを使用して、または AWS CLI の put-scaling-policy コマンドで、Auto Scaling グループのスケーリングポリシーを調整できます。スケールダウンが発生するタイミングを設定するには、関連する Amazon CloudWatch アラームを調整するか、新しいアラームを作成してから Auto Scaling グループのスケーリングポリシーに関連付けます。

ユーザー操作によるスケールダウン

ユーザー操作によるスケールダウンの場合は、スケーリング履歴に次のようなイベントが表示されます。

At 2016-05-13T15:03:47Z a user request update of AutoScalingGroup constraints
to min: 12, max: 20, desired: 13 changing the desired capacity from 14 to 13.

AWS CloudTrail ログを確認して API コールを実行したユーザーを確認できます。

注: API コールの記録を開始する前に CloudTrail が設定され有効になっている必要があります。

スケジュールに基づくスケーリング

スケジュールに基づくスケールダウンアクションによるスケールダウンの場合は、スケーリング履歴に次のようなイベントが表示されます。

At 2016-02-12T16:01:25Z a scheduled action update of AutoScalingGroup constraints
to min: 1, max: 5, desired: 2 changing the desired capacity from 3 to 2. At
2016-02-12T16:01:25Z the scheduled action ScaleDown executed. Setting max size
from 1 to 5. Setting desired capacity from 3 to 2.

スケジュールに基づくスケールダウンは、AWS CLI を使用して設定できます。スケジュールに基づくスケーリングを確認するには、AWS CLI から次のコマンドを実行し、MY-ASG-NAME を適切な値に置き換えてください。

aws autoscaling describe-scheduled-actions --auto-scaling-group-name MY-ASG-NAME

スケジュールベースの Auto Scaling の詳細については、「スケジュールに基づくスケーリング」を参照してください。 


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2015 年 07 月 31 日

更新: 2018 年 08 月 29 日