CloudWatch グラフからは、アラームのメトリクスが設定したしきい値を超えていることがわかりますが、Amazon CloudWatch アラームはトリガーされません。確実に CloudWatch アラームをトリガーし、アラームアクションが実行されるようにするには、どうすればよいですか?

時間集計メトリクス (5 分の平均値など) を測定する CloudWatch アラームは、ローリングウィンドウでこの測定を継続的に実行します。評価期間中に収集されたいずれのデータポイントが、設定したしきい値を超えない場合、CloudWatch アラームはトリガーされません。

CloudWatch アラームがアクションをトリガーするのは、アラームの状態が変化し、指定された数の期間にわたり維持された場合のみです。詳細については、「CloudWatch アラームの作成」を参照してください。

重要: Amazon EC2 Auto Scaling アクションに関連付けられている CloudWatch アラームには、この動作の例外があります。CloudWatch は、状態の変化がなくアラームがその状態のままである場合でも、アラームが指定された状態になると、Auto Scaling アクションのトリガーを継続して行います。

アラームを作成するときは、時間集計メトリクスを測定するために CloudWatch で使用されるメカニズムについて必ず検討します。

また、アラームが予期どおり動作するよう、メトリクスデータのしきい値を下げることも検討します。

トラブルシューティング例

この例では、CPU の平均利用率に基づくアラームもあります。このアラームには、次の時間集計メトリクスについて、少なくとも 3 回の連続した 5 分の期間 (評価期間が 3 秒、期間が 300 秒) にわたり、45% を超えるしきい値が設定されます。

  • 05:25:00: data: {Avg=61.123}
  • 05:30:00: data: {Avg=57.847}
  • 05:35:00: data: {Avg=60.503}
  • 05:40:00: data: {Avg=55.473}
  • 05:45:00: data: {Avg=41.685}
  • 05:50:00: data: {Avg=58.390}
  • 05:55:00: data: {Avg=57.846}
  • 06:00:00: data: {Avg=61.123}

これらのデータポイントは、次のアラーム状態になります。

  • 05:35 ALARM
  • 05:40 ALARM
  • 05:45 ALARM から OK へ
  • 05:50 OK
  • 05:55 OK
  • 06:00 OK から ALARM へ

05:55 に収集されたデータポイントは、平均 CPU 利用しきい値の 45% を超えています。ただし、アラームは OK 状態のままで、05:55 にアクションをトリガーしません。この理由は、05:45:00 に収集されたデータポイント (しきい値を超えない) が、05:55 の評価に含まれているためです。ただし、5 分後にアラームはアクションをトリガーします。これはアラームの状態が 06:00 に OK から ALARM に変わるためです。

以下の時間集計メトリクスでは、アラームの状態は 05:35 以降に ALARM になります。すべてのデータポイントが平均 CPU 使用率のしきい値 45% を超えるためです。状態の変更がないため、アラームアクションはトリガーされません。

  • 05:25:00: data: {Avg=61.123}
  • 05:30:00: data: {Avg=57.847}
  • 05:35:00: data: {Avg=60.503}
  • 05:40:00: data: {Avg=55.473}
  • 05:45:00: data: {Avg=45.075}
  • 05:50:00: data: {Avg=58.390}
  • 05:55:00: data: {Avg=57.847}
  • 06:00:00: data: {Avg=61.123}

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 10 月 31 日