Amazon Connect でクイック接続を作成して有効にする方法を教えてください。

最終更新日: 2019 年 10 月 10 日

エージェントが Amazon Connect コンタクトコントロールパネル (CCP) で通話を転送するためにクイック接続を使用できるようにしたいです。クイック接続を作成して有効にする方法を教えてください。

簡単な説明

Amazon Connect インスタンスで、使用している問い合わせフローのタイプに応じて、エージェントキュー、または外部のクイック接続を作成します。作成したクイック接続を、問い合わせフローで使用されるキューに追加します。次に、それらのキューをエージェントのルーティングプロファイルに追加します。詳細については、ステップの概要を参照してください。

注意: 設定されたエージェントキューのクイック接続は、エージェントがアクティブな通話にある場合にのみ CCP に表示されます。外部クイック接続は、常に CCP に表示されます。

解決方法

  1. アクセス URL (https://domain.awsapps.com/connect/login) を使用して Amazon Connect インスタンスにログインし、ドメインをインスタンスのドメインに置き換えます。
    注意: クイック接続の編集および作成権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。詳細については、アクセス許可の割り当て: セキュリティプロファイルを参照してください。
  2. 左側のナビゲーションバーで、次の操作を行います。
    クイック接続を追加および編集するには、[ルーティング] で一時停止し、[クイック接続] を選択します。
    クイック接続を有効にするには、[ルーティング] で一時停止し、[キュー] で、キューを選択して、[キューを編集] ページでそれらを追加します。
    詳細については、クイック接続の作成を参照してください。
  3. クイック接続を使用するエージェントに割り当てられたルーティングプロファイルに、クイック接続が有効になっているキューがあることを確認します。クイック接続が CCP に表示されるように、ルーティングを正しく設定する必要があります。詳細については、ルーティングのセットアップを参照してください。

注意: 現時点では、クイック接続を削除することはできません。[クイック接続] ページでタイプ、送信先、および問い合わせフローを変更することにより、それらを再利用できます。または、[キューを編集] ページでキューからそれらを削除して、エージェントが CCP で表示できないようにすることができます。