組織に加入、または組織を作成しようとしていますが、その組織の AWS アカウントにアクティブなクレジットがあります。このクレジットは一括請求にどのように適用されますか?

デフォルトでは、アカウントが保有している AWS クレジットはすべて、組織へのアカウントの加入後、完全な請求サイクルの開始から、組織の一括請求に適用されます。

この設定を変更するには、組織のクレジット共有をオフにします。

次の点に注意してください。

  • リンクされたアカウントでクレジット共有が有効になっている場合、AWS サポートのクレジットはマスターアカウントにのみ適用されます。AWS サポートのクレジットを使用するには、必ずクレジット共有をオフにする必要があります。
  • 請求サイクルの途中で、クレジットを持つアカウントをマスターアカウントにリンクした場合、クレジットはメンバーアカウントの当月の請求書に適用されます。次の請求サイクルで、クレジットはマスターアカウントの一括請求に適用されます。
  • クレジットを持つメンバーアカウントが、ある一括請求ファミリーから離れて別のファミリーに加入した場合、メンバーアカウントのクレジットは、請求サイクルの最後まで、旧マスターアカウントの請求書に適用されます。

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 04 月 25 日

更新日: 2018 年 10 月 29 日