Windows および Linux で .pem ファイルを .ppk (またはその逆) に変換するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 8 月 27 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の Privacy Enhanced Mail (.pem) ファイルを PuTTY Private Key (.ppk) ファイルに変換、 または .ppk ファイルを .pem アフィルに変換するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

PuTTY は、Amazon EC2 によって生成されたプライベートキー形式 (.pem) をネイティブにサポートしていません。PuTTY を使用してインスタンスに接続するには、まずプライベートキーを .ppk ファイルに変換する必要があります。この変換には、PuTTYgen ツールを使用することができます。 

解決方法

Windows - PuTTYgen をインストール

ほとんどの Windows オペレーティングシステムには PuTTY がインストールされています。お客様のシステムにインストールされていない場合は、PuTTYgen をダウンロードして、インストールします。

Windows - .pem ファイルを .ppk ファイルに変換

PuTTYgen を起動してから、.pem ファイルを .ppk ファイルに変換します。詳細については、「PuTTYgen を使用してプライベートキーを変換する」を参照してください。

Windows – .ppk ファイルを .pem ファイルに変換する

  1. PuTTYgen を起動します。[Actions] で、[Load] を選択し、.ppk ファイルを表示します。
  2. .ppk ファイルを選択し、[Open] をクリックします。
  3. (オプション) [Key passphrase] にパスフレーズを入力します。[Confirm passphrase] にパスフレーズを再入力します。
    注: パスフレーズは必須ではありませんが、プライベートキーを不正な使用から保護するためのセキュリティ対策として指定されることをお勧めします。パスフレーズを使用することで、インスタンスへのログインやインスタンスへのファイルコピーに人間の介入が必要となり、アクセスの自動化を困難にします。
  4. PuTTY Key Generator 最上部のメニューから [Conversions, Export OpenSSH Key] を選択します。
    注: パスフレーズを入力しなかった場合は、PuTTYgen が警告を表示します。[Yes] を選択します。
  5. ファイルに拡張子 .pem を付加して名前を付けます。
  6. [Save] をクリックします。

Unix または Linux - PuTTY をインストールする

PuTTY をインストールします (まだシステムにインストールされていない場合)。

重要: PuTTY パッケージは、Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) リポジトリに含まれています。PuTTY をインストールする前に、EPEL リポジトリを有効にする必要があります。

PuTTY をインストールするには、次のいずれかのコマンドを実行します。

RPM ベース

$ sudo yum install putty

Dpkg ベース

$sudo apt-get install putty-tools

Unix または Linux - .pem ファイルを .ppk ファイルに変換する

インスタンスシェルで puttygen コマンドを実行して、 .pem ファイルを .ppk ファイルに変換します。

$ sudo puttygen pemKey.pem -o ppkKey.ppk -O private

Unix または Linux - .ppk ファイルを .pem ファイルに変換する

puttygen コマンドを実行し、.ppk ファイルを .pem ファイルに変換します。

$ sudo puttygen ppkkey.ppk -O private-openssh -o pemkey.pem

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?