Qaisar が EBS ボリュームの
DeleteOnTermination 設定の
更新方法について説明する

qaisar-deleteontermination-ebs

新しい EC2 インスタンスを作成しましたが、このインスタンスを停止すると、EBS ボリュームが削除されてしまいます。インスタンスを停止しても、接続されていた EBS ボリュームは存続させたいと思っています。その方法を教えてください。

インスタンスを停止すると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は接続されていた各 EBS ボリュームの DeleteOnTermination 属性 の値を使用して、インスタンスの停止に伴って、ボリュームを存続させるべきか、削除すべきかを判断します。デフォルトでは、インスタンスのルートボリュームの DeleteOnTermination 属性には true が設定されますが、その他のボリュームタイプではすべて false が設定されます。

インスタンスが停止してもルートボリュームを存続させたい場合、ルートボリュームの DeleteOnTermination 属性の値を false に変更します。

新しいインスタンスを起動させるとき、「コンソールを使用してルートボリュームを存続させるように起動時に変更する」の説明に従って、DeleteOnTermination に False を設定することができるようになります。

インスタンスが既に動作中の場合、「コマンドラインを使用して動作中のインスタンスのルートボリュームを存続させるように変更する」の説明に従うことによって、DeleteOnTermination に False を設定することができます。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 1 月 6 日

更新: 2018 年 3 月 1 日