Direct Connect 接続がダウンしていて、Tx/Rx 光信号が光を読み取ることができないか、わずかにしか読み取れません。この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 1 月 6 日

AWS Direct Connect 接続がダウンしていて、Tx/Rx 光信号が光を読み取ることができないか、わずかにしか読み取れません。

解決方法

Direct Connect 接続をトラブルシューティングするには、次の手順に従います。

Direct Connect デバイスに接続できない

Direct Connect デバイスへの物理接続を確立できない場合は、次の手順に従ってレイヤー 1 (物理) の問題をトラブルシューティングします。

Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (LOA-CFA) を確認する

Direct Connect 接続が 90 日経過しても機能しない場合、LOA-CFA は期限切れになり、AWS から E メールアラートが送信されます。LOA-CFA を新しい発行日に更新するには、LOA-CFA をダウンロードします。その後、LOA-CFA をネットワークまたはコロケーションプロバイダーに送信して、クロスコネクトを注文します。クロスコネクトを注文した場合は、コロケーションプロバイダーに問い合わせて、クロスコネクト完了通知をリクエストしてください。その後、該当のポートを、LOA-CFA に記載されているポートと比較します。クロスコネクト経由の Tx/Rx 光信号に関する書面によるレポートをコロケーションプロバイダーにリクエストすることもできます。
詳細については、AWS Direct Connect ロケーションのクロスコネクトのリクエストを参照してください。

Amazon CloudWatch メトリクスを使用して、ファイバー接続のトラフィックヘルスおよび接続状態をチェックする

CloudWatch メトリクスを使用して、Direct Connect 接続と仮想インターフェイスをモニタリングできます。Direct Connect 専用接続については、ConnectionLightLevelTx および ConnectionLightLevelRx メトリクスを確認して、エグレスおよびイングレストラフィックのヘルスを判断します。良好な光信号は、-14.4 dBm~2.50 dBm の範囲内です。OpticalLaneNumber ディメンションを使用して、Direct Connect データをフィルタリングできます。詳細については、Direct Connect の使用可能なディメンションを参照してください。

接続状態を確認するには、ConnectionState メトリクスを確認します。1 はアップを示し、0 はダウンを示します。

詳細については、Direct Connect CloudWatch メトリクスの表示を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?