デジタルミレニアム著作権法 (DMCA) に関する申し立てに対する申し立てを提出する方法を教えてください。

著作権侵害についての申し立てを担当しているエージェントは、E メール (ec2-abuse@amazon.com または abuse@amazonaws.com) でご連絡いただけます。

申し立てに対する申し立てには、以下の情報をすべて含める必要があります。

  1. 場所を含む、侵害の申し立ての対象となっているマテリアル。
  2. 偽りの場合には偽証罪に問われることを承知の上で、問題となっているマテリアルが、誤って識別された、または間違って削除されたことを誠実に信じている旨を宣言するお客様による陳述。
  3. お客様の氏名、住所、電話番号。
  4. お客様の住所に該当する司法管轄区の連邦地方裁判所の管轄に同意し、上記の苦情を申し立てた者からの令状の送達を受け入れる旨の陳述。
    注意: お客様が米国外にいる場合、Amazon.com およびその関連会社の所在地に該当する米国連邦地方裁判所の管轄に同意する旨を明言する必要があります。
  5. お客様の物理的署名または電子署名。

注意: 書面による申し立てに対する申し立ての偽虚の陳述は、民事罰または刑事罰につながる可能性があります。AWS 不正使用対策チームは、どのような状況であっても添付ファイルを開くことはありません。必要な情報はプレーンテキストでお知らせいただく必要があります。

当社のエージェントが、苦情を申し立てた相手にお客様からお預かりした情報を転送します。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 09 月 23 日

更新: 2018 年 10 月 30 日