AWS DMS タスクを日付でフィルタリングするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 4 月 27 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクを日付でフィルタリングしたいと考えています。これを実行するにはどうすればよいですか?

解決方法

AWS DMS タスクを日付でフィルタリングするには、 テーブルマッピングを使用します。テーブルマッピングを入力するとき、filter-operator パラメータは次のいずれかの値を持つことができます。

  • lte – ある値以下
  • ste – ある値以下 (lte エイリアス)
  • gte – ある値以上
  • eq – ある値に等しい
  • noteq – ある値に等しくない
  • between – 2 つの値と等しいか、その間
  • between – 2 つの値と等しくないか、その間ではない

次の JSON サンプルフィルターでは、gtedate_of_record >= 2019-01-08 を使用します。

{
  "rules": [
    {
      "rule-type": "selection",
      "rule-id": "1",
      "rule-name": "1",
      "object-locator": {
        "schema-name": "testonly",
        "table-name": "myTable_test"
      },
      "rule-action": "include",
      "filters": [
        {
          "filter-type": "source",
          "column-name": "date_of_record",
          "filter-conditions": [
            {
              "filter-operator": "gte",
              "value": "2019-01-08"
            }
          ]
        }
      ]
    }
  ]
}

注: データをインポートする場合、AWS DMS はフィルタリングに日付形式 YYYY-MM-DD と時刻形式 YYYY-MM-DD HH:MM:SS を使用します。


Using table mapping to specify task settings (テーブルマッピングを使用してタスク設定を指定する)

Using source filters (ソースフィルターの使用)

Filtering by time and date (時刻と日付でフィルタリング)

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?