AWS DMS タスクのデータベーススキーマを変換するために、AWS SCT および Windows 用データベースドライバーをインストールする方法を教えてください。

最終更新日: 2019 年 11 月 15 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクでは、AWS Schema Conversion Tool と Windows 用のデータベースドライバーをインストールする必要があります。どうすればよいですか?

簡単な説明

AWS SCT は、ソースデータベーススキーマとほとんどのカスタムコードをターゲットデータベースと互換性のある形式に自動的に変換します。変換できないデータはすべてマークされているため、移行中にデータを手動で変換できます。

解決方法

まず、ローカルシステムに AWS SCT をインストールしてから、必要なデータベースドライバーをインストールします。

AWS SCT をインストールする

注: 以下のステップは、Windows OS で AWS SCT をインストールするためのものです。

  1. zip フォルダ(aws-schema-conversion-tool-1.0.latest など)をダウンロードします。
  2. AWS Schema Conversion Tool.msi ファイル (AWS Schema Conversion Tool-build-number.msi など) を抽出します。
  3. フォルダを開きます。
  4. AWS SCT インストーラーファイルを実行します。

データベースドライバーをインストールする

注: 以下のステップでは、Windows 用の Java Database Connectivity (JDBC)ドライバーで MySQL を実行している環境のデータベースドライバーをインストールします。

  1. データベースエンジンのドキュメントからコネクタをダウンロードします。詳細については、「必要なデータベースドライバのインストール」をご参照ください。
  2. [JDBC Driver for MySQL] を選択し、[Download] をクリックします。
  3. プラットフォームに依存しない(アーキテクチャに依存しない) ZIP アーカイブまたは TAR アーカイブをダウンロードします。
  4. ファイル(mysql-connector-java-5.1.42 など)を解凍します。
  5. ディレクトリを作成してから、ファイルを新しいディレクトリ(C:\java-5-1-42 など)に移動します。
  6. そのファイルの場所をメモするか、コピーします。

AWS SCT でドライバーの場所をグローバルに設定する

  1. AWS SCT を開き、[Settings] で [Global Settings] を選択します。
  2. [Drivers] をクリックします。
  3. [MySql Driver Path] で、[Browse] を選択します。
  4. 前に書き留めたドライバーの場所 (:C:\java-5-1-42 など) に移動します。
  5. フォルダを開き、実行可能な jar ファイル (mysql-connector-java-5.1.42-bin など) を選択します。
  6. [OK] をクリックします。