Transit Gateway から Direct Connect と VPN フェイルオーバーを設定する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 1 月 13 日

オンプレミスのリソースへのプライマリリンクとして AWS Direct Connect を、そして、同じリソースへのセカンダリリンクとして VPN を設定したいと考えています。AWS Transit Gateway からこれを行うにはどうすればよいですか ?

解決方法

タスク1: Transit Gateway を作成する

タスク 2: その Transit Gateway に VPC をアタッチする

タスク 3: サイト間 VPN を作成し、それを上記の Transit Gateway にアタッチする

注: サイト間 VPN を作成するときは、[Routing options] に [Dynamic] を選択します。Transit Gateway でのルート評価順序では、動的伝播ルートの優先順位が、静的ルートよりも低くなります。

タスク 4: Direct Connect Gateway を Transit Gateway にアタッチする

タスク 5: Transit Gateway のルートテーブルを作成し、すべてのアタッチメントのルート伝達を有効にする

注: VPN 内で、Border Gateway Protocol (BGP) セッションと Direct Connect Transit Virtual Interface (VIF) および BGP セッションには、同じプレフィックスをアドバタイズしてください。

  1. Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、 [Transit Gateways] をクリックします。
  3. Transit Gateway の [Default association route table] 設定が、Falseに設定されていることを確認します。
    注: この設定が True, に設定されている場合はタスク 6 に進みます。
  4. [Transit Gateway Route Tables] をクリックします。
  5. [Create Transit Gateway Route Table] をクリックし、以下の手順を完了します。
    [Name tag] に Route Table Aと入力します。
    [Transit Gateway ID] で 対象の Transit Gateway の Transit Gateway ID を選択します。
    [Create Transit Gateway Route Table] をクリックします。
  6. [Route Table A] (または Transit Gateway のデフォルトルートテーブル) を選択し、[Associations] 、[Create Association] の順にクリックします。
  7. [Choose attachment to associate] から VPC のアソシエーション ID を選択し、[Create Association] をクリックします。Direct Connect ゲートウェイ、VPN、VPC がすべて [Association] の覧に表示されるまで、このステップを繰り返します。
  8. [Route Table Propagation] をクリックします。
  9. [Propagation] をクリックします。[Choose attachment to propagate] で、Direct Connect Gateway、VPN、および VPC を選択します。

タスク 6: VPC とアタッチメントサブネットに関連付けられたルートテーブルを設定する

  1. Amazon VPC コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、[Route Tables] をクリックします。
  3. アタッチメントサブネットにアタッチされているルートテーブルを選択します。
  4. [Routes] タブを表示し、[Edit Routes] をクリックします。
  5. [Add Route] タブを表示し、以下を完了します。
    [Destination] で、オンプレミスネットワークのサブネットを選択します。
    [Target] で、対象の Transit Gateway を選択します。
    [Save routes] をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合