DynamoDB コンソールのメトリクスが CloudWatch メトリクスと異なるのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 5 月 22 日

Amazon DynamoDB コンソールの [メトリクス] タブのグラフは、Amazon CloudWatch コンソールのグラフとは異なります。これが起きているのはなぜですか?

解決方法

CloudWatch コンソールのメトリクスは raw で、DynamoDB コンソールのメトリクスよりも多くの統計オプションを提供します。DynamoDB コンソールのメトリクスは、1 分間隔の平均値です。たとえば、ConsumedWriteCapacityUnits は、1 分間に消費されたユニットの合計を 1 分間の秒数 (60) で割った値です。

CloudWatch と DynamoDB の両方でグラフを同じにする場合は、期間と時間範囲が同じであることを確認してください。

  1. DynamoDB コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、[テーブル] を選択します。
  3. テーブルを選択してから、[メトリクス] タブを選択します。
  4. [すべての CloudWatch メトリクスを表示する] を選択して、CloudWatch コンソールを開きます。
  5. [テーブルメトリクス] など、メトリクスが含まれるカテゴリを選択します。
  6. 表示する指標のメトリクスのテーブル名の横にあるボックスをオンにします。
  7. [グラフ化したメトリクス] タブを選択します。
  8. [統計] ドロップダウンリストで、[合計] を選択します。
  9. [期間] ドロップダウンリストで、[1 分] を選択します。
  10. CloudWatch グラフにプロビジョニングされたメトリクスと消費されたメトリクスがある場合は、Y 軸列の矢印を使用して、プロビジョニングされた値を右側の Y 軸に、消費された値を左側の Y 軸に移動します。
  11. 数式を使用して、メトリクスを 60 で割ります (たとえば、m2/60)。

メトリクスの欠落

CloudWatch が DynamoDB のメトリクスを一覧表示しない場合、おそらく DynamoDB にそのメトリクスの最新のデータがないことが原因であると考えられます。CloudWatch は、過去 2 週間にアクティブだったメトリクスのみを一覧表示します。これにより、ListMetrics を呼び出したときに古いメトリクスが多すぎるのを防ぐことができます。