グローバルセカンダリインデックスのスロットリングは DynamoDB テーブルにどのような影響がありますか。

最終更新日: 2020 年 5 月 18 日

グローバルセカンダリインデックス (GSI) がスロットル中です。これにより、ベースの Amazon DynamoDB テーブルにどのような影響がありますか?

簡単な説明

GSI のスロットリングは、スロットリングが読み込みアクティビティか書き込みアクティビティのどちらかにより、ベーステーブルに異なった影響を与えます。

  • GSI の読み込みキャパシティーが不足している場合、ベーステーブルは影響を受けません。
  • GSI の書き込みキャパシティーが不足している場合、ベーステーブルまたはその GSI への書き込み処理は成功しません。

詳細については、DynamoDB でのグローバルセカンダリインデックスの使用をご参照ください。

解決方法

スロットリングを防ぐには :

  • 各 GSI のプロビジョニングされた書き込みキャパシティーが、ベーステーブルのプロビジョニングされた書き込みキャパシティー以上あることを確認します。GSI のプロビジョニングされたスループットを変更するには、UpdateTable オペレーションを使用します。ベーステーブルで Auto Scaling が有効になっている場合は、GSI に同じ設定を適用することをお勧めします。これを行うには、DynamoDB コンソールで [同じ設定をグローバルセカンダリインデックスに適用] を選択します。詳細については、既存のテーブルでの DynamoDB Auto Scaling の有効化をご参照ください。
  • GSI のパーティションキーが、パーティション間で可能な限り均等に読み取りおよび書き込み処理を分散するようにしてください。これにより、スロットリングにつながるホットパーティションを防止できます。詳細については、パーティションキーを設計してワークロードを均等に分散するをご参照ください。
  • DynamoDB 用のAmazon CloudWatch Contributor Insights を使用して、最も頻繁にスロットルされたキーを識別します。

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合