CloudWatch メトリクスを使用して、EBS ボリュームが提供する平均スループットと IOPS の平均数を計算する方法を教えてください。

最終更新日: 2022 年 2 月 10 日

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームの平均スループットと IOPS 平均数を計算したいです。Amazon CloudWatch メトリクスを使用してこれを行う方法を教えてください。

簡単な説明

CloudWatch を使用して、EBS ボリュームのステータスをモニタリングできます。次に、このデータを使用して、ボリュームが提供する IOPS の平均数と平均スループットを求めることができます。

次の数式を使用して、EBS ボリュームが提供する IOPS の平均数を計算します。
実際の平均 IOPS (I/O 操作数/秒) = (Sum(VolumeReadOps) + Sum(VolumeWriteOps) ) ÷ ( Period - Sum(VolumeIdleTime) )

注: VolumeReadOps および VolumeWriteOps には、収集間隔内に実行された I/O 操作の回数のみが表示されます。ボリュームがアクティブであったときに到達した平均 IOPS を計算するには、Sum (VolumeReadOps) + Sum (VolumeWriteOps) をボリュームのアクティブ時間で割ります。

次の数式を使用して、インスタンス上の EBS ボリュームの平均スループットを計算します。
実際の平均スループット (バイト/秒) = (Sum(VolumeReadBytes) + Sum(VolumeWriteBytes) ) ÷ ( Period - Sum(VolumeIdleTime) )

: CloudWatch の VolumeReadBytes および VolumeWriteBytesSum 統計は、指定した期間に転送された合計バイト数を報告します。 

解決方法

  1. CloudWatch コンソールを開きます。
  2. [Metrics] (メトリクス) を選択します。
  3. [EBS] を選択してから、[Per volume metrics] (ボリューム別メトリクス) を選択します。
  4. グラフ化するメトリクスを選択します。
  5. [Graphed metrics] (グラフ化したメトリクス) タブを選択します。
  6. [Statistic] (統計) ドロップダウンリストから [Sum] (合計) を選択します。
  7. [Period] (期間) ドロップダウンリストから、表示する期間を選択します。
    注: 前述の数式の Period は CloudWatch での特定の時間を表します。指定された CloudWatch グラフの Period は、ボリュームの収集間隔と同じです。
  8. 数式の値を追加して、IOPS やスループットの平均値を求めます。