組織の一括請求ファミリーに適用されるリザーブドインスタンスの料金のメリットについて教えてください。

組織の一括請求ファミリーのアカウントにリザーブドインスタンス割引が適用される方法は、アカウントでリザーブドインスタンスの共有がオンになっているかオフになっているかによって異なります。デフォルトでは、組織のすべてのアカウントで、リザーブドインスタンスの共有がオンになります。この設定は、アカウントのリザーブドインスタンスの共有をオフにすることで変更できます。

リザーブドインスタンスのキャパシティーの予約は、リザーブドインスタンスの共有がオンになっているかオフになっているかにかかわらず、リザーブドインスタンスが購入されたアカウントのみに適用されます。

組織のアカウントで、リザーブドインスタンスの共有がオンになっている場合:

  • そのアカウントで購入されたリザーブドインスタンスの割引は、マスター支払いアカウントの請求書のインスタンスタイプの統合した使用状況に対して適用されます。
  • リザーブドインスタンスを購入した元のアカウントに、最初に割引が適用されます。購入アカウントに、リザーブドインスタンスの条件に一致するインスタンスがない場合、リザーブドインスタンスの割引は、組織の別のアカウントの一致する使用状況に対して適用されます。
  • 割引がマスター支払いアカウントの請求書に適用されるためには、組織の一括請求ファミリーの少なくとも 1 つのアカウントが、リザーブドインスタンスの仕様に一致する必要があります。

組織のアカウントで、リザーブドインスタンスの共有がオフになっている場合:

  • リザーブドインスタンスの割引は、リザーブドインスタンスを購入したアカウントにのみ適用されます。
  • 組織の一括請求ファミリーの他のアカウントからのリザーブドインスタンスの割引は適用されません。
  • アカウントで蓄積した料金は、引き続き組織の一括請求に追加され、マスター支払いアカウントによって支払われます。 

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 4 月 8 日

更新日: 2018 年 09 月 17 日