Windows を実行する Amazon EC2 インスタンスのネットワーク接続が断続的に失われ、インスタンスにアクセスできなくなります。この状況になると、ネットワーク接続を復旧するためにインスタンスを再起動またはリブートしなくてはなりません。また、Windows のスケジュールされたタスクが予定された時刻に開始または停止しません。

このような問題は、Windows タイムサービスが正しい現地時間で設定されていない場合に起こります。この場合、DHCP のリース時間が不正確であるため、ネットワークで TCP/IP アドレスのリース失効時間に関する問題を引き起こしている可能性があります。また、現地時間が不正確だと、スケジュールされたタスクがスケジュールされた時間に実行できません。Windows タイムサービスの設定が不正確になるのは、次のような状況が考えられます。

  • Windows Server 2008 以降を実行している EC2 インスタンスで、レジストリキー RealTimeIsUniversal が存在しないため、現地時間が UTC 時間に設定されている場合。この場合、UTC タイムゾーン以外にある Windows のインスタンスは、正しくない現地時間で設定されていることになります。
  • Citrix Paravirtual (PV) ドライバー を使用している EC2 Windows インスタンスでは、Citrix Xen Guest Agent サービスによる時刻同期の問題が発生する場合があります。
  1. Windows Server 2008 以降の時刻設定を設定する」のステップに従って、インスタンスに RealTimeIsUniversal レジストリキーを追加します。このキーによって Windows の時刻設定を UTC 時間ではなく CMOS クロックと同期させるように設定します。
  2. EC2 インスタンスがファイル C:\Program Files\Citrix\XenGuestAgent.exe を 2013 年 3 月 12 日より前の日付に変更したバージョンで使用している場合は、「Citrix Xen ゲストエージェントサービスのアップグレード」のステップに従います。
  3. レジストリキー RealTimeIsUniversal の使用方法の詳細については、「High CPU usage during DST changeover in Windows Server 2008, Windows 7, or Windows Server 2008 R2 (Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2 で DST への切り替え時に CPU 使用率が高くなる)」を参照してください。

EC2、Windows Server、接続性、UTC、スケジュールされたタスク、Citrix、XenGuestAgent、DHCP、RealTimeIsUniversal


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2015 年 12 月 31 日