Fargate での Amazon ECS タスクの高い CPU 使用率をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 12 月 17 日

AWS Fargate での Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) タスクで CPU 使用率が高くなっている理由を知りたいと考えています。

解決方法

サービスの一部である Fargate タスクの CPU 使用率が高い場合のトラブルシューティング

  1. Amazon CloudWatch メトリクスを使用して、サービスレベルの CPU 使用率を表示します。
  2. Amazon ECS サービスで進行中のデプロイがあるかどうかを確認します。デプロイ中は、実行中のタスクが増え、Amazon ECS サービスの合計 CPU 使用率が増加します。デプロイが完了すると、合計 CPU 使用率が低下します。

進行中のデプロイがない場合は、次の点を確認してください。

  • アプリケーションログをチェックして、タスクが CPU 負荷の高い操作を実行しているかどうかを確認します。ログは、ログドライバーに応じて、さまざまな送信先にエクスポートされます。awslogs ドライバーを使用している場合、ログは CloudWatch にエクスポートされます。CPU 負荷の高い操作は、Fargate タスクにデプロイされているアプリケーションによって異なります。
  • ロードバランサーの CloudWatch メトリクスを表示して、Amazon ECS サービスへの受信トラフィックの増加を確認します。タスクへのトラフィックが増加する場合は、Auto Scaling を使用して、サービスで実行されているタスクの希望数を増やすことを検討してください。これにより、受信トラフィックをより多くのタスクに分散できるため、タスクの全体的な CPU 使用率が低下します。

スタンドアロン Fargate タスクの CPU 使用率が高い場合のトラブルシューティング

パフォーマンスログを使用してタスクレベルのメトリクスを表示するには、CloudWatch Container Insights を有効にする必要があります。詳細については、Amazon ECS 向け Amazon CloudWatch Container Insights のご紹介をご参照ください。

アプリケーションのコンテナで CPU 負荷の高いワークロードを実行する必要がある場合は、より多くの vCPU とメモリを含む、より大きなタスクサイズにアップグレードすることを検討してください。詳細については、AWS Fargate の料金をご参照ください。</p


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?