Elastic Beanstalk 環境で黄色または赤のヘルスステータス警告を解決する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 1 月 29 日

AWS Elastic Beanstalk 環境のヘルスステータスが黄色 (Warning) または赤色 (Degraded または Severe) です。ヘルスステータスを緑色 (OK) に戻すにはどうすればよいですか ?

簡単な説明

Elastic Beanstalk 環境の黄色または赤のヘルスステータス警告は、以下の一般的な問題から生じている可能性があります。

  • ヘルスエージェントが、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのデータ量不足を報告している。
  • コマンドタイムアウト内に、インスタンスでオペレーションが進行中である。
  • Elastic Beanstalk 環境が更新中である。
  • ロードバランサーのヘルスチェックが失敗している。
  • ヘルスエージェントが多数のリクエスト失敗を報告している。
  • インスタンスなどの環境リソースが使用できない。
  • インスタンスでのオペレーションに時間がかかっている。
  • インスタンスが深刻な状態である。
  • Elastic Beanstalk ヘルスデーモンが失敗した。
  • Elastic Beanstalk 環境が 1 つ以上のヘルスチェックに失敗した。
  • Elastic Beanstalk が受け取る 4xx または 5xx の HTTP リターンコードの数が増えている。
  • コマンドタイムアウトでデプロイの失敗がある。

警告の詳細については、「状態の色とステータス」をご参照ください。

解決方法

ヘルス警告の原因を特定する

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。
  2. アプリケーションを選択します。
  3. ナビゲーションペインで、[Events] をクリックします。
  4. [Type] 列で [Severity] タイプが [WARN] の最近のイベントを探し、後でトラブルシューティングするため、これらのイベントを書き留めます。
  5. ナビゲーションペインで [Dashboard] を選択します。
  6. [Health] セクションで [Causes] を選択します。

これで、Enhanced Health Overview ページで環境全体の状態を表示できるようになりました。

詳細については、「環境管理コンソールでの拡張ヘルスモニタリング」をご参照ください。

ヘルス警告の原因となった問題のトラブルシューティング

Enhanced Health Overview ページで特定したヘルスに関する問題に基づいて、次のいずれかのトラブルシューティング方法を選択します。

  • ヘルスチェックの失敗については、「基本ヘルスレポート」をご参照ください。拡張ヘルスレポートを使用している場合は、「拡張ヘルスレポートおよびモニタリング」をご参照ください。
    時間がかかりすぎる操作については、Elastic Beanstalk イベントストリームを使用して進行中の操作を特定します。または、Amazon EC2 インスタンスにログインして /var/log/eb-activity.log をモニタリングします。
    注意: 環境のデプロイや設定の更新の操作は、通常よりも時間がかかります。
  • 4xx および 5xx HTTP リターンコードの数が増加した場合、プロキシサーバーのアクセスログをモニタリングして増加の原因を特定します。次に、アクセスログをアプリケーションログと比較して、増加したエラーのパターンを特定します。詳細については、「Common Errors」をご参照ください。
    注意 : プロキシサーバーログは、プラットフォームに応じて Apache アクセスログ (/var/log/httpd/access_log)、NGINX アクセスログ (/var/log/nginx/access_log)、またはインターネットインフォメーションサービスアクセスログ (C:\inetpub\logs\LogFiles) です。
  • 深刻な状態のインスタンスの場合は、発行された警告に基づいてソリューションを選択します。詳細については、「インスタンスのトラブルシューティング」をご参照ください。
    注意: インスタンスは、デプロイが進行中、Amazon EC2 インスタンスのヘルスデーモンの障害、またはリソース使用率が高いといった理由で、深刻な状態になる可能性があります。ほとんどの場合、環境の警告状態は一時的なもので、ヘルス警告の原因となった問題に対処すると、ステータスが緑色 (OK) に変わります。詳細については、「状態の色とステータス」をご参照ください。
  • 失敗した Elastic Beanstalk ヘルスデーモンの場合、Amazon EC2 インスタンスにログインし、/var/log/messages をモニタリングして失敗の原因を特定します。

この記事はお役に立ちましたか ?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合