IPv6 アドレスで動作するようにロードバランサーを設定する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 5 月 22 日

クライアントが IPv6 アドレスを使って接続できるように、ロードバランサーを設定したいと考えています。どうすればよいですか?

簡単な説明

IPv6 アドレスは、インターネットに接続する Application Load Balancer にのみ関連付けることができます。内部 Application Load Balancer、Classic Load Balancer、Network Load Balancer は IPv6 アドレスをサポートしていません。

IPv6 アドレスを使用するには、Application Load Balancer を起動する Virtual Private Cloud (VPC) に IPv6 CIDR ブロックが関連付けられているサブネットが必要です。詳細については、「IPv6 アドレス」を参照してください。IPv6 アドレスを VPC およびサブネットに関連付けるには、「IPv6 CIDR ブロックを VPC に関連付ける」と「IPv6 CIDR ブロックをサブネットに関連付ける」を参照してください。

解決方法

AWS マネジメントコンソールを使用して IP アドレスタイプを更新する

1.    Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインの [LOAD BALANCING] 下で、[Load Balancers] を選択します。

3.    ロードバランサーを選択します。

4.    [アクション] をクリックしてから、[IP アドレスタイプの編集] を選択します。

5.    [IP アドレスタイプ] では、次のいずれかを選択します。
       IPv4 アドレスのみをサポートする ipv4 
       - または -
IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方をサポートする dualstack

6.    [保存] をクリックします。

AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用して IP アドレスタイプを更新する

次のコマンドを実行します。

set-ip-address-type --load-balancer-arn <value> --ip-address-type <value>

注: 上記のコマンドのプレースホルダーは、対応する値に置き換えてください。

Application Load Balancer をポイントする DNS レコードを更新する

次のコマンドを実行して、ドメインの CNAME レコードまたはエイリアス (A) レコードを更新し、(「dualstack.」プレフィックスが付いた) Application Load Balancer の DNS 名をポイントするようにします。

dualstack.name-123456789.region.elb.amazonaws.com

注: 上記のコマンドのプレースホルダーは、対応する値に置き換えてください。

IPv4 アドレスを使用してロードバランサーと通信するクライアントは、A レコードを解決します。IPv6 アドレスを使用してロードバランサーと通信するクライアントは、AAAA レコードを解決します。