認証情報でサインインできません

最終更新日: 2022 年 6 月 17 日

サインインしようとしましたが、認証情報でうまくいきませんでした。これはどうして起こったのですか、また解決方法は?

解決方法

通常、これは次の いずれか、あるいは複数の理由によるものです。

  • アカウントの認証情報を忘れてしまいました。
  • 誤ってサインインに不正な認証情報を使用しています。たとえば、間違ったアカウントの認証情報や AWS Identity and Access Management (IAM) ID を使用しているとします
  • 認証されたユーザーが認証情報を変更しました。たとえば、アカウント管理者が IAM 認証情報を更新したとします。

忘れたパスワードの回復

パスワードを回復するには、次のことが必要です。

  • アカウントに関連付けられている E メールアドレスまたはアカウント番号を知っています。
  • E メールアドレスにアクセスできます。パスワードをリセットする手順が、この E メールアドレスに送信されます。

手順については、AWS パスワードを紛失した場合または忘れた場合の復旧方法をご参照ください。

アカウントの E メールアドレスの検索

  • AWS アカウントを開くために使用した、あらゆる E メールアドレスを確認します。AWS からのほとんどのアカウントに関連した通知は、no-reply-aws@amazon.com から送られます。このような通知があれば、E メールアドレスが AWS アカウントに関連付けられている可能性があります。
  • チーム、組織、または家族の他のメンバーに質問してください。アカウントの作成者がアクセスの手助けをしてくれる場合があります。

それでも AWS アカウントにアクセスできない場合は、AWS を利用しており、請求またはアカウントに関するサポートを必要としていますを参照してください。

IAM 認証情報の復旧

アカウント管理者にお問い合わせください。アカウント管理者がアカウント上の各 IAM エンティティの認証情報を設定します。

IAM ID の中には、独自のパスワードを更新できるものもあります。詳細については、「IAM ユーザーのパスワードの管理」を参照してください。

注: AWS Support では、サインイン中のアカウント以外の AWS アカウントの詳細についてはお伝えできません。AWS Support は、いかなる理由でもアカウントに関連付けられた認証情報を変更することはできません。