AWS 無料利用枠の対象となる Amazon EC2 Windows インスタンスを起動するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 4 月 27 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Windows インスタンスを起動し、そのインスタンスに関連するすべての料金が AWS 無料利用枠の対象となることを確認したいと考えています。

解決方法

750 時間の累積使用時間と 30 GB/月のストレージが AWS 無料利用枠の対象となります。

AWS 無料利用枠の対象となる Windows EC2 インスタンスを起動するには、次の手順を実行します。

  1. Amazon EC2 コンソールを開きます。
  2. [Launch Instance] (インスタンスの作成) セクションで、[Launch Instance] (インスタンスの作成) を選択します。
  3. ナビゲーションペインで、[Free Tier only] (無料利用枠のみ) を選択して、Amazon マシンイメージ (AMI) を無料利用枠の対象の AMI (「無料利用枠の対象」というラベルが付いています) に制限します。
  4. [Free tier eligible] (無料利用枠の対象) の Windows AMI の横にある [Select] (選択) をクリックします。
  5. 無料利用枠の対象」というラベルの付いたインスタンスタイプを選択します。
  6. [Next: Configure Instance Details] (次へ: インスタンスの詳細の設定) を選択します。
  7. [Configure Instance Details] (インスタンスの詳細の設定) ページで、[Tenancy] (テナンシー) が [Shared] (共有) に設定されていることを確認します。次に、[Request Spot instances] (スポットインスタンスのリクエスト) の [Purchasing option] (購入オプション) が選択されていないことを確認します。
    その他の設定は、インスタンスの使用量が無料利用枠の対象であるかどうかには影響しません。必要に応じて、このページでその他の設定を行えます。
  8. [次へ: ストレージの追加] を選択します。
  9. ストレージは最大 30 GB まで選択できます。[Volume Type] (ボリュームタイプ) で、[General Purpose SSD (GP2)] (汎用 SSD (GP2)) または [Magnetic] (マグネティック) を選択します。注: 現在、無料利用枠の対象となるのは、アカウントごとに 30 GB の Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ストレージに制限されています。インスタンスにストレージを追加するときは、アカウントの他のインスタンスに割り当てたストレージを考慮してください。
  10. [次へ: タグの追加] を選択します。
  11. 必要に応じて、インスタンスにタグを追加できます
  12. [次へ: セキュリティグループの設定] をクリックします。
  13. 信頼できる送受信トラフィックのみを許可するセキュリティグループを設定します。セキュリティグループの設定の詳細については、「Windows インスタンス用の Amazon EC2 セキュリティグループ」と「さまざまなユースケース用のセキュリティグループルール」を参照してください。
  14. [Review and Launch] (確認と作成) を選択します。
  15. 設定を確認します。仕様と一致する場合は、[Launch] (作成) を選択します。

AWS 無料利用枠は、AWS アカウントを作成した日から 12 か月間ご利用いただけます。無料利用枠の使用状況をモニタリングして追跡するのがベストプラクティスです。詳細については、「AWS 無料利用枠の使用状況の追跡」を参照してください。

Amazon EC2 リソースを削減または排除して不要な請求を回避するには、「Amazon EC2 リソースを削除または終了する方法を教えてください。」を参照してください。