ヴァニシュリーが無料利用枠の対象
となる EC2 Windows インスタンスを
セットアップする方法をご説明します

Windows インスタンスを起動したいのですが、そのインスタンスに関連するすべての料金が無料利用枠の対象になることを確実にしたいと考えています。どうすればよいですか?

無料利用枠プロモーションでは、毎月、累積時間 750 時間の使用と 30 GB (期間合計) のストレージが対象になります。無料利用枠の対象内容の詳細については、AWS 無料利用枠を参照してください。

無料利用枠の対象となる Windows EC2 インスタンスを起動するには、以下の手順に従ってください。

  1. Amazon EC2コンソールログインします。
  2. [インスタンスの作成] で、[インスタンスの作成] を選択します。
  3. 無料利用枠対象の AMI (「無料利用枠の対象」というラベルが付いています) の横にある [選択] を選択します。
  4. 「無料利用枠の対象」というラベルが付いたインスタンスサイズを選択します。
  5. [次の手順: インスタンスの詳細の設定] を選択します。
  6. インスタンスのテナンシーには [共有] を選択します。[スポットインスタンスのリクエスト] はチェックを外したままにしておきます。インスタンスの詳細の設定ページにあるその他の設定は、インスタンスの使用が無料利用枠対象になるかどうかには影響しないため、希望に応じて設定できます。
  7. [次の手順: ストレージの追加] を選択します。
  8. 最大 30 GB のストレージを選択します。[ボリュームタイプ] で [汎用 SSD (GP2)] または [マグネティック] のどちらかを選択します。
    注意事項: 現在、無料利用枠の対象となっているのは、アカウントごとに 30 GB の EBS ストレージのみです。EBS ストレージを使用して他のインスタンスを起動した場合、すべての EBS ストレージが無料利用枠の対象にならない場合があります。
  9. [次の手順: タグの追加] を選択します。
  10. オプションで、インスタンスにタグを追加できます。インスタンスのタグ付けの詳細については、「Amazon EC2 リソースにタグを付ける」を参照してください。
  11. [次の手順: セキュリティグループの設定] を選択します。
  12. 信頼できるトラフィックの出入力のみを許可するセキュリティグループを設定します。セキュリティグループの設定の詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EC2 セキュリティグループ」を参照してください。
  13. [確認と作成] を選択します。
  14. 設定を確認します。仕様と合っていれば、[作成] をクリックします。

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 4 月 21 日