AWS Direct Connect の定期メンテナンスまたはイベントの通知を受け取りたいと思っています。どのようにすればよいですか?

イベントの管理を支援するため、AWS Personal Health Dashboard には、関連情報およびアクティビティの通知が表示されます。以下のソリューションで Personal Health Dashboard を使用することによって、Direct Connect に影響のある定期メンテナンスまたはイベントの通知を受け取ることができるようになります。

このソリューションでは、イベントが Direct Connect 用の Personal Health Dashboard に投稿された場合、自動的にメールを送信する AWS CloudFormation スタックがデプロイされます。

メールの通知を設定する。

  1. AWS CloudFormation コンソールで、[Create Stack (スタックの作成)] を選択します。
  2. [Choose a template (テンプレートの選択)] で、[Specify an Amazon S3 template URL (Amazon S3 テンプレートの URL の指定)] を選択し、https://s3.amazonaws.com/aws-health-tools-assets/cloudformation-templates/DX_Notifier.json と入力してから、[Next (次へ)] を選択します。
  3. [stack name (スタック名)] にスタックの名前を入力し、[EmailAddress (メールアドレス)] に Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックにサブスクライブするメールアドレスを入力してから、[Next (次へ)] を選択します。
  4. (オプション) タグを追加します。詳細については、「AWS CloudFormation リソースタグのタイプ」を参照してください。
  5. [Next (次へ)] を選択し、[I acknowledge that AWS CloudFormation might create IAM resources (私は AWS CloudFormation が IAM リソースを作成することを承認します)] 同意書を選択して、[Create (作成)] を選択します。

(オプション) SNS 通知を受け取るための追加のメールアドレスを指定します。

注: SNS 通知のための追加メールアドレスを追加するには、以下の手順に従って、SNS トピックにサブスクライブする必要があります。

  1. SNS コンソールのナビゲーションペインで、[Topics (トピック)] を選択します。
  2. [DXMaintNotify] 、[Actions (アクション)] を選択してから、[Subscribe to topic (トピックにサブスクライブ)] を選択します。
  3. [Create subscription (サブスクリプションの作成)] で、[Protocol (プロトコル)] を選択してから、[Email (メール)] を選択します。
  4. [Endpoint (エンドポイント)] にメールアドレスを入力してから、[Create Subscription (サブスクリプションの作成)] を選択します。

AWS Health Tools の他のサービス用の AWS Health イベントのカスタム通知機能をダウンロードすることができます。Amazon SNS の詳細については、「Amazon Simple Notification Service とは何ですか」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2018 年 4 月 11 日