アカウントの請求情報の表示を IAM ユーザーに許可するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 8 月 27 日

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたはグループに、アカウントの請求情報にアクセスするために必要なアクセス許可を付与したいと思います。

解決方法

請求情報の表示を IAM ユーザーに許可するには、以下のステップを実行します。

  1. 請求情報およびコスト管理コンソールへのアクセスのアクティベート」の手順に従って、IAM ユーザーによる請求情報へのアクセスをアクティブ化します。
    注意: このステップが完了するまでは、アカウントのルートユーザーのみが請求およびコスト管理コンソールにアクセスできます。
  2. ユーザーまたはグループの IAM ポリシーを更新し、請求情報へのアクセスを許可します。ポリシーの例については、請求およびコスト管理に ID ベースのポリシー (IAM ポリシー) を使用するを参照してください。新しいポリシーを作成した場合は、そのポリシーをユーザーまたはグループにアタッチします。詳細については、「IAM ポリシーを管理する」を参照してください。

注意: ユースケースに合ったポリシーの生成には AWS Policy Generator が役立ちますが、IAM の基礎についても理解してください。請求のアクセス許可の詳細については、請求アクションを参照してください。IAM の動作に関する全般的な説明については、IAM とはを参照してください。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?