AWS のサービスに対して課されている税金が正しくない場合はどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 6 月 17 日

請求した金額または税金の種類を間違えました。このような問題が発生する理由と、解決方法を教えてください。

簡単な説明

税務上の目的でアカウントの所在地を特定するために、AWS はアカウントに関連付けられた税務登録番号 (TRN) と事業法人所在地を使用します。TRN または事業法人所在地を指定しない場合、AWS はアカウントのデフォルト支払い方法、アカウントの請求先住所、およびアカウントの連絡先住所を使用して、アカウントの税務管轄を決定します。

TRN は、付加価値税 (VAT) 番号、VAT ID、VAT 登録番号、事業者登録番号とも呼びます。

請求された金額または税金の種類が間違っている場合は、情報が正確であることを確認するためにアカウントの情報を更新してください。

解決方法

アカウント情報の更新方法

支払いアカウントで TRN をお持ちの場合、税金料金を正しく計算するには、TRN を各連結アカウントに適用する必要があります。

AWS の税金計算方法については、AWS 税金のヘルプを参照してください。

注意: AWS サポートでは税金に関するアドバイスを提供しません。納税義務についてご質問がある場合は、税務アドバイザーにお問い合わせください。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合