AWS CloudFormation でプッシュベースのイベントソースに AWS Lambda 関数をサブスクライブするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2019 年 8 月 23 日

AWS Lambda 関数を AWS CloudFormation スタック内の Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) イベント通知、またはAmazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックにサブスクライブできません。AWS::Lambda::EventSourceMapping リソースを使用すると、「イベントソースを認識できません。kinesis または dynamodb ストリームにする必要があります」というエラーが表示されます。

簡単な説明

AWS::Lambda::EventSourceMapping リソースは、Amazon DynamoDB イベントストリームや Amazon Kinesis などのプルベースのイベントソース用に設計されています。Amazon S3 イベント通知や Amazon SNS メッセージなどのプッシュベースのイベントソースでは、イベントソースが Lambda 関数を呼び出す必要があります。プッシュイベントソースが Lambda 関数を呼び出すには、その関数のリソースポリシーがサポートされているイベントソースを承認している必要があります。

解決方法

AWS CloudFormation テンプレートで、AWS::Lambda::Permission リソースを使ってリソースベースのポリシーを追加します。

たとえば、次のリソースベースのポリシーは、Amazon SNS トピックが Lambda 関数を呼び出せるようにします。

"LambdaResourcePolicy": {
  "Type": "AWS::Lambda::Permission",
  "Properties": {
    "FunctionName" : { "Ref" : "MyFunction" },
    "Principal": "sns.amazonaws.com",
    "Action": "lambda:InvokeFunction",
    "SourceArn" : { "Ref" : "MySNSTopic" }
  }
}

Amazon SNS トピックのイベントソースには、必要な許可を持つトピックポリシーを定義する必要があります。

Amazon S3 のイベントソースについては、Lambda 関数を Amazon S3 バケットにサブスクライブする通知設定文が必要です。次の例を参照してください。

{
  "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09",
  "Parameters": {
    "BucketPrefix": {
      "Type": "String",
      "Default": "test-bucket-name"
    }
  },
  "Resources": {
    "EncryptionServiceBucket": {
      "DependsOn": "LambdaInvokePermission",
      "Type": "AWS::S3::Bucket",
      "Properties": {
        "BucketName": {
          "Fn::Sub": "${BucketPrefix}-encryption-service"
        },
        "NotificationConfiguration": {
          "LambdaConfigurations": [
            {
              "Function": {
                "Fn::GetAtt": [
                  "AppendItemToListFunction",
                  "Arn"
                ]
              },
              "Event": "s3:ObjectCreated:*",
              "Filter": {
                "S3Key": {
                  "Rules": [
                    {
                      "Name": "suffix",
                      "Value": "zip"
                    }
                  ]
                }
              }
            }
          ]
        }
      }
    },
    "LambdaInvokePermission": {
      "Type": "AWS::Lambda::Permission",
      "Properties": {
        "FunctionName": {
          "Fn::GetAtt": [
            "AppendItemToListFunction",
            "Arn"
          ]
        },
        "Action": "lambda:InvokeFunction",
        "Principal": "s3.amazonaws.com",
        "SourceAccount": {
          "Ref": "AWS::AccountId"
        },
        "SourceArn": {
          "Fn::Join": [
            "",
            [
              "arn:aws:s3:::",
              {
                "Fn::Sub": "${BucketPrefix}-encryption-service"
              }
            ]
          ]
        }
      }
    },
    "AppendItemToListFunction": {
      "Type": "AWS::Lambda::Function",
      "Properties": {
        "Handler": "index.handler",
        "Role": {
          "Fn::GetAtt": [
            "LambdaExecutionRole",
            "Arn"
          ]
        },
        "Code": {
          "ZipFile": {
            "Fn::Join": [
              "",
              [
                "exports.handler = function(event, context) {",
                "console.log('Received event: ', JSON.stringify(event, null, 2));",
                "};"
              ]
            ]
          }
        },
        "Runtime": "nodejs8.10"
      }
    },
    "LambdaExecutionRole": {
      "Type": "AWS::IAM::Role",
      "Properties": {
        "AssumeRolePolicyDocument": {
          "Version": "2012-10-17",
          "Statement": [
            {
              "Effect": "Allow",
              "Principal": {
                "Service": [
                  "lambda.amazonaws.com"
                ]
              },
              "Action": [
                "sts:AssumeRole"
              ]
            }
          ]
        },
        "Path": "/",
        "Policies": [
          {
            "PolicyName": "root",
            "PolicyDocument": {
              "Version": "2012-10-17",
              "Statement": [
                {
                  "Effect": "Allow",
                  "Action": [
                    "logs:*"
                  ],
                  "Resource": "arn:aws:logs:*:*:*"
                }
              ]
            }
          }
        ]
      }
    }
  }
}

前出の例では、S3 バケットと通知設定が同時に作成されました。この例は、1) IAM ロール、2) Lambda 関数、3) Lambda 許可、次に 4) S3 バケットという順序でリソースを作成するために Fn::Join 組み込み関数と DependsOn 属性を使用することによって、循環依存を回避します。詳細については、CloudFormation を使って Lambda 関数をデプロイするときに、循環依存を避けるにはどうすればよいですか? を参照してください。