Lightsail Bitnami WordPress インスタンスで PHP のアップロードサイズ制限を増やすにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 9 月 23 日

Amazon Lightsail Bitnami WordPress インスタンスに大きなファイルをアップロードしたいです。インスタンスのデフォルトのファイルアップロード制限を増やすにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Upload_max_filesize は、アップロードされたファイルの最大サイズです。これは、1 つのファイルの制限です。一方、Post_max_size は、リクエストの本文全体の制限です。ベストプラクティスは、post_max_sizeupload_max_filesize 以上に設定することです。

デフォルトでは、WordPress は post_max_sizeupload_max_filesize の両方でアップロードを 40 MB に制限しています。

Lightsail インスタンスの最大アップロード制限を確認するには、以下のコマンドを実行します。

# grep -i "upload_max_filesize" /opt/bitnami/php/etc/php.ini
upload_max_filesize = 40M
# grep -i "post_max_size" /opt/bitnami/php/etc/php.ini
post_max_size = 40M

解決方法

最大アップロードサイズを変更するには、以下の手順を実行します。

1.    /opt/bitnami/php/etc/php.ini ファイルを開いて、upload_max_filesizepost_max_size を増やします。vi エディタなどのテキストエディタを使用して /opt/bitnami/php/etc/php.ini ファイルにアクセスします。

# sudo vi /opt/bitnami/php/etc/php.ini
; Maximum size of POST data that PHP will accept.
  post_max_size = 64M

; Maximum allowed size for uploaded files.
  upload_max_filesize = 64M

2.    [i] ボタンを押して値を編集します。値を変更したら、[ESCAPE] ボタンを押してファイルを保存します。次に、コマンド :wq! を入力します。

3.    次のコマンドを使用して、Apache の設定ファイルで LimitRequestBody パラメータが指定されていることを確認します。

# grep "LimitRequestBody" /opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf

パラメータが指定されていない場合、Apache ウェブサーバーの設定制限にサイズ制限はありません。ただし、パラメータが指定されていて、値が目的のアップロードサイズより小さい場合は、以下の手順を実行してパラメータを増やします。

vi エディタなどのテキストエディタで /opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf を開きます。

# sudo vi /opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf

次の例に示すように、LimitRequestBody パラメータをバイト単位の新しい値に設定します。

LimitRequestBody 65536

[ESCAPE] ボタンを押した後、コマンド :wq! を入力してファイルを保存します。

4.    サービスを再起動する前に、設定の詳細を確認してください。

sudo apachectl configtest
Syntax OK

5.    変更を有効にするには、サーバーを再起動します。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart

この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?