トラブルシューティングの目的で Windows Lightsail インスタンスを Amazon EC2 インスタンスに移行するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 3 月 17 日

トラブルシューティングが必要な Windows を実行している Amazon Lightsail インスタンスがあります。Lightsail インスタンスを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスに移行するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Lightsail インスタンスのスナップショットを作成し、それを Amazon EC2 にエクスポートします。この方法を使用して、到達不能な Lightsail インスタンスに接続してトラブルシューティングを行います。

注意: トラブルシューティング以外の理由で Lightsail インスタンスを Amazon EC2 にエクスポートするには、Amazon Lightsail で Windows Server インスタンスのスナップショットを作成するを参照してください。

スナップショットをエクスポートする前に、以下の点に注意してください。

  • エクスポートされたスナップショットには、Lightsail インスタンスからのパブリック IP アドレスまたはプライベート IP アドレスは保持されません。
  • エクスポートプロセスは、一方向にしか機能しません。現時点では、Amazon EC2 から Lightsail にインスタンスをエクスポートして戻すことはできません。
  • Windows Server 2016 以降のオペレーティングシステムでは、EC2 インスタンスに初めてログインするときに「Password not available」というエラーメッセージが表示されることがあります。このエラーが表示された場合は、Lightsail インスタンスで使用したのと同じ認証情報を使用して、エクスポートされた EC2 インスタンスにログインします。最初のログイン後にパスワードを変更できます。

解決方法

Lightsail スナップショットを作成してエクスポート

1.    Amazon Lightsail コンソールにサインインします。

2.    Lightsail インスタンスのスナップショットを作成します。

3.    ホームページの [Snapshots] タブを開き、エクスポートする Lightsail インスタンスのドロップダウンリストを展開します。

4.    スナップショットメニュー (右端の垂直ドット) を開き、[Export to Amazon EC2] を選択します。

5.    ダイアログボックスの情報を確認し、[Yes, Continue] を選択します。

注意: ソース Lightsail インスタンスまたはブロックストレージディスクのサイズと構成によっては、エクスポートが長時間実行される場合があります。Lightsail の [Task Monitor] メニューで進捗状況を確認することができます。または、Amazon EC2 コンソールで進捗状況を表示するには、[AMI] を選択します。

エクスポートされたスナップショットから新しい EC2 インスタンスを作成

6.    Amazon EC2 コンソールを開きます。

7.    [AMI] を選択します。

8.    エクスポートした AMI を選択してから、[Launch] ボタンを選択します。

9.    EC2 インスタンスのインスタンスタイプとネットワーク設定を選択します。既存のキーペアがない場合は、[Create a new key pair] を選択します。キーペアを作成してダウンロードし、インスタンスを起動します。詳細については、Amazon EC2 キーペアと Windows インスタンスを参照してください。

10.    インスタンスが実行され、ステータスチェックに合格すると、それに接続できます。

Lightsail スナップショットからデータをトラブルシューティングまたは回復

1.    エクスポートしたスナップショットと同じリージョンで、Windows EC2 インスタンスを起動します。これはヘルパーインスタンスです。インスタンスが起動されるアベイラビリティーゾーンに注意してください。

2.    [Snapshots] を選択し、トラブルシューティングまたはデータの回復元にするスナップショットを選択します。

3.    [Actions]、[Create Volume] と選択します。必ずヘルパーインスタンスと同じアベイラビリティーゾーンにボリュームを作成してください。

4.    EBS ボリュームが使用可能な状態になったら、[Actions]、[Attach] と選択して、ボリュームをヘルパーインスタンスにアタッチします。

5.    ヘルパーインスタンスに接続し、[Disk Management] を開きます。

6.    2 次ボリュームをオンラインにします。これで、ボリュームにアクセスして、必要なデータを調査または取得できます。


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?