Amazon EC2 インスタンスのホスト名は、起動時にインスタンスに動的に割り当てられた IP アドレスから付けられます。hostname コマンドを使用して EC2 Linux の専用インスタンスのホスト名を変更できますが、インスタンスを再起動したり停止/起動したりした場合、使用されるホスト名は、インスタンスに割り当てられた IP アドレスから付けられたものに戻ります。

Linux の hostname コマンドは、管理者が EC2 Linux インスタンスのホスト名を変更するために使用できます。インスタンスの停止/起動および再起動間で新しいホスト名が永続的に使用されるようにする場合は、新しいホスト名を EC2 Linux インスタンスの該当する設定ファイルに追加する必要があります。

  1. YaST のインターフェイスを使用して、SuSe Linux インスタンスを新しいホスト名で更新します。以下のコマンドを使用して、root ユーザーに切り替えることから始めます。
         sudo su
  2. yast コマンドを実行します。
         yast

    これにより、YaST のキーボードインタラクティブ ASCII ベースのインターフェイスが起動します。YaST の操作には Tab と矢印キーを使用します。
  3. YaST で、[Network Devices]、[Network Settings] の順に選択し、Enter キーを押します。
  4. [Network Settings] で、[Hostname/DNS] に移動し、Tab キーと Shift + Tab キーを使用して、利用可能なオプションを順に切り替えます。
    a. ホスト名とドメイン名を目的の値に設定します。
    b. [Change Hostname via DHCP] に移動し、スペースバーを押してこのオプションをオフにします。
    c. Tab キーを使用して [OK] に移動し、Enter キーを押して、変更を受け入れます。
    d. Tab キーを使用して [Quit] に移動し、Enter キーを押して、YaST を修了します。
  5. SuSe Linux インスタンスで /etc/cloud/cloud.cfg ファイルを更新します。
         vim /etc/cloud/cloud.cfg
    以下の文字列を検索し、そのデフォルト設定を true に変更して、ホスト名が再起動/リブート間に維持されるようにします。
         preserve_hostname: true
    変更を保存し、vim エディターを終了します。

    この変更を行った後、Shift キー + コロン(:)を押すと、vim のエディターで新しいコマンド入力ボックスが開きます。「wq」と入力し、Enter キーを押して、変更を保存したら、vim を終了します。
  6. 以下のコマンドを実行して、インスタンスを再起動します。
         sudo reboot
  7. EC2 インスタンスの再起動後、パラメータを指定せずに Linux の hostname コマンドを実行して、変更したホスト名が永続的に使用されていることを確認します。
         hostname
    このコマンドは新しいホスト名を返します。

Amazon EC2, Linux, hostname, 永続的, ホスト, 127.0.0.1, vim, プライベート, SuSe, cloud.cfg


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。