SLES を実行している Amazon EC2 インスタンスに静的ホスト名を割り当てるにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 11 月 13 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのホスト名を変更しました。ただし、インスタンスを再起動するか停止してから起動すると、ホスト名が元に戻ります。ホスト名を永続化するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

EC2 インスタンスの再起動または停止および起動時にホスト名が保持されるようにするには、インスタンス上の適切な設定ファイルにホスト名を追加します。

注: 次の手順は SLES に適用されます。他のディストリビューションに適用される手順については、次のいずれかを参照してください。

解決方法

1.    SSH を使用して EC2 Linux インスタンスに接続します。詳細については、SSH を使用した Linux インスタンスへの接続をご参照ください。

2.    root ユーザーに切り替えます。

sudo su

3.    hostnamectl コマンドを使用して、新しいホスト名を設定します。new-hostname をご使用のホスト名に置き換えます。

SLES 11:

hostname new-hostname

SLES 12 および SLES 15:

hostnamectl set-hostname new-hostname

4.    vim エディタを使用して、/etc/hosts を新しいホスト名に更新します。

vim /etc/hosts

5.    localhost 文字列を検索し、新しいホスト名を追加します。ここでも、new-hostname をホスト名に置き換えます。

127.0.0.1 localhost new-hostname

6.    Shift+ : (コロン) を押して、vim エディタを保存して終了し、vim エディタで新しいコマンド入力ボックスを開きます。wq と入力し、Enter を押して変更を保存し、vim エディタを終了します。

SLES 11 (この OS バージョンのみの追加手順)

vim エディタを使用して、/etc/HOSTNAME ファイルを新しいホスト名で更新します。

vim /etc/HOSTNAME

現在のホスト名文字列を見つけて、新しいホスト名に置き換えます。

Shift + : (コロン) を押して vim エディタで新しいコマンド入力ボックスを開き、wq と入力した後に Enter を押すことで変更を保存して vim を終了します。

7.    vim エディタを使用して、SLES Linux インスタンスの /etc/cloud/cloud.cfg ファイルを更新します。

vim /etc/cloud/cloud.cfg

8.    文字列 preserve_hostname を検索し、そのデフォルト設定を true に変更して、ホスト名が再起動またはリブート後も維持されるようにします。

preserve_hostname: true

9.    Shift+ : (コロン) を押して、vim エディタを保存して終了し、vim エディタで新しいコマンド入力ボックスを開きます。wq と入力し、Enter を押して変更を保存し、vim エディタを終了します。

10.    インスタンスを再起動します。

sudo reboot

11.    EC2 インスタンスに接続し、パラメータを指定せずに Linux hostname コマンドを実行して、ホスト名の変更が永続的であることを確認します。

hostname

このコマンドは、新しいホスト名を返します。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?