AWS のサービスクォータを管理するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 6 月 1 日

サービスクォータを引き上げる方法と、スケールアップ時のサービスクォータの管理方法について教えてください。

解決方法

サービスクォータを引き上げる

AWS では、各アカウントにサービスクォータ (旧、サービスの制限) を割り当てることで、AWS リソースの可用性を保証すると同時に、必要以上のリソースの誤ったプロビジョニングを防いでいます。一部のサービスクォータは、AWS の使用時間の経過とともに自動的に引き上げられます。ただし、多くの AWS のサービスでは、クォータの引き上げを手動でリクエストする必要があります。

ほとんどの AWS クォータに関しては、AWS Service Quotas コンソール を使用して、内容の表示と引き上げのリクエストができます。

重要: 通常、サービスクォータは AWS リージョンに固有です。クォータの引き上げが必要な AWS リージョンを選択します。

それ以外のクォータ引き上げリクエストについては、AWS サポートコンソールでケースを作成した上で、[サービス制限の引き上げ] をクリックします。

注: サービスクォータを引き上げても料金は発生しません。実際に料金が発生するのは、AWS のリソースかサービスを起動または使用した場合だけです。

サービスクォータのモニタリングと積極的な管理

クォータの使用率は、AWS Service Quotas コンソールで確認できます。また、サポートされているサービスでは、Amazon CloudWatch アラームを作成することもできます。詳細については「 Service Quotas and Amazon CloudWatch Alarms」をご参照ください。


この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合