Linh が
サービスの制限を管理する方法を紹介

manage-service-limits-linh

サービスの制限を緩和する方法とスケールアップ時にサービスの制限を管理する方法を教えてください。

AWS では、AWS リソースのアベイラビリティーを保証し、新規顧客の請求リスクを最小にするために、アカウントごとにサービスの制限を設定しています。一部のサービスの制限は、AWS を使用していると自動的に緩和されますが、ほとんどの AWS サービスでは、制限の緩和を手動でリクエストする必要があります。

注意: サービスの制限を緩和しただけでは課金されません。AWS リソースまたはサービスを起動または使用した場合にのみ課金されます。

サービスの上限緩和を申請する

各サービスのデフォルトの制限リストや、サービスの上限緩和を申請する方法については、「AWS サービス制限」を参照してください。

サービスの上限緩和のほとんどは、AWS サポートセンターで [Create case (ケースの作成)] を選択し、[Service Limit Increase (サービス制限の緩和)] を選択してリクエストできます。

サービスの制限のほとんどは特定の AWS リージョンに固有であるため、必ず使用を計画しているリージョンごとにリクエストを送信してください。多くのサービスで、同一サービスに対する複数の上限緩和を 1 つのサポートケースからリクエストできます。初回のリクエストを作成した後、[Add another request (別のリクエストの追加)] を選択して、新しい制限タイプまたはリージョンを選択します。

サービスの制限をプロアクティブに管理する

AWS Trusted Advisor のサービスの制限チェックを使用することで、一部のサービスの制限をモニタリングできます。

また、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にはサービスの制限ダッシュボードがあり、インスタンス、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)、Elastic IP アドレスの制限を管理できます。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 2 月 25 日

更新: 2018 年 5 月 21 日