OpsWorks スタックの複数の Amazon EC2 インスタンスでログをモニタリングするプロセスを簡素化する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 4 月 3 日

AWS OpsWorks スタックの複数の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスでログをモニタリングするプロセスを簡素化したいと考えています。

簡単な説明

OpsWorks スタックで Amazon CloudWatch Logs を使用することで、複数の Amazon EC2 インスタンスのログを簡単にモニタリングできます。Chef 11.10 および Chef 12 用の Linux ベースのスタックで、レイヤーレベルで CloudWatch Logs を有効にできます。

注意 : AWS OpsWorks スタックで作成されていないカスタムインスタンスプロファイルを使用している場合は、AWSOpsWorksCloudWatchLogs ポリシーをプロファイルに手動でアタッチする必要があります。詳細については、「IAM ポリシーを管理する」を参照してください。

解決方法

  1. OpsWorks スタックのコンソールを開きます。
  2. [スタック名] 列で、CloudWatch Logs で有効にするスタックを選択します。
  3. ナビゲーションペインで、[レイヤー]、[CloudWatch Logs] の順に選択します。
    重要 : CloudWatch Logs を有効にするには、CloudWatch Logs および IAM ポリシーと互換性のある OpsWorks スタックエージェントが必要です。設定がこの要件を満たさない場合は、最新バージョンの OpsWorks スタックエージェントにアップグレードするよう求められます。プロンプトが表示されたら、必要なチェックボックスをオンにし、[アップグレード] を選択します。
  4. [CloudWatch Logs の統合] で、[オン] を選択します。
  5. コマンドログをストリーミングするには、[コマンドログのストリーミング] で [はい] を選択します。
  6. カスタムログを有効にするには、[カスタムログのストリーミング] に、ログファイルの完全なパスを入力します。
    注意 : たとえば、NGINX エラーログを収集するには、パスに /var/log/nginx/error.log と入力します。
  7. [保存] を選択します。
  8. OpsWorks スタックのログストリームを表示するには、Amazon CloudWatch コンソールを開き、[ログ] を選択します。
    注意 : OpsWorks スタックのログストリームが CloudWatch コンソールに表示されるまで 1~5 分かかります。

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合