AWS Direct Connect 接続がメンテナンスのために切断される場合、その切断は数分から数時間になる可能性があります。このダウンタイムの準備をするには、以下のオプションの 1 つ以上を検討します。

  • 冗長 Direct Connect 接続を要求する。
  • 仮想プライベートネットワーク (VPN) 接続をバックアップとして設定する。

冗長 Direct Connect 接続を要求する

同じ AWS アカウントから同じ co-location サイトへの複数の接続を要求すると、AWS はそれらを別々のルーターで設定します。メンテナンスは一度に 1 台のルーターで実行されるため、1 つの接続が維持されます。

別の co-location サイトで冗長接続を要求すると、メンテナンスのために最初の接続がダウンしている場合や、co-location サイト全体がインフラストラクチャのイベントの影響を受けている場合は、セカンダリ接続が確立されます。

新しい Direct Connect 接続の要求に関する情報は、AWS Direct Connect の開始方法を参照してください。

VPN 接続をバックアップとして設定する

短期間または低コストのソリューションを希望する場合は、ハードウェア VPN を Direct Connect 接続のフェイルオーバーオプションとして設定します。VPN 接続は一般的に Direct Connect 接続よりも帯域幅が狭いため、ユースケースまたはアプリケーションが低い帯域幅に対応できることを確認します。

ハードウェア VPN の詳細情報は、「VPC へのハードウェア仮想プライベートゲートウェイの追加」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 11 月 25 日

更新: 2018 年 05 月 29 日