一部の一般的なデータベース管理タスクは、標準的なコマンドを使用して Amazon RDS で実行することはできません。次に例を示します。

  • データベースをオンラインにする。
  • ミラー化されたインスタンスで DB を削除する。
  • アクティブなセッションやクエリを強制終了する。
  • オンラインログファイルを切り替える。

さまざまなデータベースエンジンが実行されている RDS DB インスタンスに一般的な DBA のタスクを実行する方法を教えてください。

マネージド型サービスの操作性を実現するために、Amazon RDS では DB インスタンスへのシェルアクセスはできません。また、上位の権限を必要とする特定のシステムプロシージャやシステムテーブルへのアクセスが制限されています。

一般的な DBA のコマンドを実行したり、データベース変数の設定を変更したりするときに、アクセス権限または特権のエラーメッセージが表示される場合、Amazon RDS でタスクを完了する方法については、以下のいかのいずれかのトピックを参照してください。
Oracle - 付録:Oracle 用の一般的な DBA タスク
MySQL - 付録: MySQL 用の一般的な DBA タスク
MariaDB - MariaDB 用の一般的な DBA タスク
SQL Server - 付録: SQL Server 用の一般的な DBA タスク
PostgreSQL - 付録: PostgreSQL 用の一般的な DBA タスク

RDS, シェルアクセス, 制限付き, 標準的なコマンド, DBA タスク, マネージドサービス, ストアドプロシージャへのアクセス, テーブルへのアクセス, 限定, マスターユーザー


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2015 年 11 月 19 日