Amazon RDS DB サブネットグループの一部であるサブネットを削除するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 6 月 10 日

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) DB サブネットグループの一部であるサブネットを削除するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

Amazon RDS DB インスタンスを起動するには、RDS DB サブネットグループに 2 つ以上のサブネットが含まれている必要があります。これらのサブネットは、同じ AWS リージョン内の異なるアベイラビリティーゾーンに存在する必要があります。DB サブネットグループからのサブネットの削除は、そのサブネットグループに関連付けられており、削除しようとしているサブネット内で起動された DB インスタンスがない場合にのみ、実行することができます。2 つのアベイラビリティーゾーンにある 2 つのサブネットが含まれた DB サブネットグループを持つ DB インスタンスを起動した場合は、その DB サブネットグループからサブネットを削除することはできません。詳細については、「VPC の DB インスタンスの使用」を参照してください。

サブネットグループに 2 つ以上のサブネットを持つマルチ AZ 配置がある場合は、2 つのアベイラビリティーゾーンにある任意のサブネットで DB インスタンスを起動できます。

サブネットグループに 2 つ以上のサブネットを持つシングル AZ 配置がある場合は、DB インスタンスの作成時にアベイラビリティーゾーンを指定することができます。DB インスタンス作成時にアベイラビリティーゾーンを指定しなかった場合は、DB インスタンスは 2 つのアベイラビリティーゾーン内のいずれかのサブネットで起動します。

解決方法

DB サブネットグループからサブネットを削除するには、その DB インスタンスを別のサブネットに移動することでサブネットを分離します。次に、そのサブネットを DB サブネットグループから削除します。以下のステップは Amazon RDS for Oracle、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、SQL Server 向けです。

注意: Aurora はレプリカをフェイルオーバーターゲットとして使用するため、この解決方法は Amazon Aurora には適用されません。Aurora プライマリ DB インスタンスに障害が発生した場合、そのレプリカがプライマリに昇格されます。このアクションは、他のアベイラビリティーゾーンにセカンダリ DB インスタンスがある大抵のマルチ AZ 配置とは異なります。

Single-AZ Amazon RDS DB インスタンスからサブネットを削除する

  1. DB インスタンスを変更してマルチ AZ 配置にします。こうすることによって、異なるサブネットを使用する別のアベイラビリティーゾーン内に DB インスタンス用のスタンバイが作成されます。
    注意:
    既にマルチ AZ 配置があるという場合は、ステップ 2 へ進んでください。
  2. フェイルオーバーを使って DB インスタンスを再起動します。この操作により、スタンバイがプライマリ DB インスタンスに昇格されます。
  3. DB インスタンスを変更して Single-AZ DB インスタンスに戻します。
    注意:
    これを実行すると、削除対象のサブネットからこの Single-AZ DB インスタンスがなくなります。
  4. Amazon RDS コンソールを開いて、ナビゲーションペインから [サブネットグループ] を選択します。
  5. DB インスタンスが関連付けられているサブネットグループを選択します。
  6. [編集] を選択します。
  7. [サブネットの追加] で削除するサブネットを選択し、[削除] を選択します。
  8. [保存] を選択します。

この記事は役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合